Album Art Panel 解説

コレ何?

アルバムジャケットなどの画像を表示するパネル

導入方法

※Columns UI が必要です (参考:Columns UI 解説

  1. Preferences - Display - Columns UI から、右側の Layout タブを選択
  2. Album Art Panel を挿入したいスプリッタを右クリックし、Insert Panel - Panels - Album Art を選択
up195.png

Album Art Panel Preferences

パネルを右クリック - Preferences もしくは Preferences - Display - Album Art Panel

Display

up196.png

Resizing Options

Panel Options

Colors

Behaviour

up197.png

General

Mouse Functions

Sources

up198.png

Sources for album cover art images

Debugging

思うように画像が表示できない場合に使用。(ツールバー - View - Console で「コンソール」を表示できる)

コンテキストメニュー

Source List 設定例

設定にはTitle Formatting Helpを参照のこと。 '-' で始まる行は、それ以前の行とグループ化されます。'-' が無い行は、新たなソースグループの開始行になります。初期設定では三行で一つのグループになります。

$replace(%path%,%filename_ext%,)* // 画像が見つかれば二行目以降は検索しない
-$replace(%path%,%filename_ext%,)..\* // 画像が見つかれば三行目以降は検索しない
--components\default.*

'--' は「画像が無いよ」画像を表示するために使います。「画像が無いよ」画像は、検索しても画像が見つからない場合のデフォルト画像になります。画像の自動切り換えが有効になっている場合、「画像が無いよ」画像はスキップされます。

ワイルドカードの '*' は一つ以上の文字の代わりに使われます。同じく '?' は一文字の代わりに使われます。例えば初期設定の一行目では、音楽トラックと同じフォルダのあらゆる画像を検索します。Album Art Panel では、最初にマッチした画像を表示します。ファイルネームに使うことができない文字は、ワイルドカード '?' に置き換えられます。

グループの開始行ではマッチする画像が無い場合、同じグループの次の行で検索を行います。それでも見つからない場合、初期設定では components フォルダの default.* の画像を表示します。 ソースグループに表示できる画像が見つからない場合、次のソースグループを検索します。どのソースグループにも見つからない場合には、画像は表示されません。

初期設定では音楽ファイルと同じフォルダにある画像を検索し、見つからない場合には一つ上のフォルダを検索し、さらにcomponentsフォルダ内のdefault.*を検索します。 同一グループ内で最初にマッチした画像だけが表示されますので、複数の画像を表示させたい場合には、その分だけグループを設定する必要があります。

下記のように設定した場合、音楽ファイルと同じフォルダにあるアルバムタイトル_fc.jpgを表示し、切り替えるとアルバムタイトル_bc.jpgを表示します。

$replace(%path%,%filename_ext%,)%album%_fc.jpg
$replace(%path%,%filename_ext%,)%album%_bc.jpg

Tips

Album art panel feat. Matroska

Matroska に格納されたアルバムアートの表示を可能にした改造版。

設定項目の違い

feat.Matroska 独自機能


Last-modified: 2016-02-03 (水) 23:00:00 (806d)