Columns UI 設定解説

Columns UI

ここでは現在 Columns UI 0.1.2 の設定解説が書かれています。下記の情報もあわせて参考にして下さい。

Playlist view

Playlist view display settings

プレイリストのフォント・カラムのヘッダーのフォント・プレイリスト空白部のカラー・アイテムの選択フレームのカラー設定をそれぞれ行う。

Playlist

Globals

使用例
Variables タブの設定
$puts(colour_mode,1)

$if($strcmp(1,$get(colour_mode)),
colour01=$char(3)000000|000000$char(3)
colour02=$char(3)0000ff|0000ff$char(3)
,
$if($strcmp(2,$get(colour_mode)),
colour01=$char(3)CEB731|CEB731$char(3)
colour02=$char(3)FF80EC|FF80EC$char(3)
))
Artist表示用カラムの Display タブの設定
%_colour01%%artist%
Album表示用カラムの Display タブの設定
%_colour02%%album%
このように設定すれば、Variables の設定から簡単に全体のカラー設定を行えるようになる。
注意点1
Variables の設定内では %_variable1% 形式の変数を呼び出すことはできないので、$puts(),$get()の関数を利用する。
注意点2
例のように $char(3) などのカラー表示用の文字を Variables 設定内で利用する際は、上部の Map colour codes オプションにチェックを入れる必要がある。
注意点3
Use old style global string (slow) オプションにチェックをいれている場合、変数の設定方法は通常の Title formatting の書式と同じく $puts(), $get() 関数を使用して行う。通常の設定方法はカラムがいくつあろうと一度にグローバル変数の計算を行うが、この方式では1つのカラムに対して1度づつ計算を行うので効率が悪く、表示速度が低下する。
備考
TitleFormattingスクリプトでのカラー設定は16進数で行うが、HTMLなどで一般的な RRGGBB ではなく、 Blue, Green, Red の順番、BBGGRR の書式で指定する(つまり FF0000 が青色になる)

Columns

備考
フィルターには * や ? などのワイルドカードが使えます。また、 ; で区切ることで複数のフィルターを設定可能。

Sidebar

Sidebar

Playlists

Playlist switcher panel display settings

サイドバーに表示される Playlist switcher panel のフォント・カラー設定。 カラー設定はそれぞれテキスト・選択テキスト・背景・選択時背景・非フォーカス時の背景・アイテムの選択フレームのカラー設定を行う。

Playlist management

利用例
プレイリスト名が「-S-」や「-A-」から始まるときにテキストカラーを変更する
$if($stricmp($left(%title%,3),'-s-'),$puts(Slist,1)$puts(Tlist,1))
$if($stricmp($left(%title%,3),'-a-'),$puts(Alist,1)$puts(Tlist,1))
$puts(p_title,$if($get(Tlist),$substr(%title%,4,$len2(%title%)),%title%))

$if($get(Slist),f44a6d|f44a6d)
$if($get(Alist),4cb1f4|4cb1f4)

$get(p_title)

Drag and drop

Playlists management drag and drop settings

Statusbar/Systray

Systray

Status bar

Other

Toolbars

Import/exporting

Columns UI の設定を *.fcs というファイルで外部に保存、またその読み込みを行う。

Other


*1 例えば A(Width:200) と B(Width:100) という二つのカラムがあって Resize の値がそれぞれ1:1だった場合、ウィンドウ幅を600ピクセルまでリサイズすればカラムAは350ピクセル、カラムBは250ピクセルとなる。2:1だった場合、カラムAは400ピクセル、カラムBは200ピクセルの幅となる

Last-modified: 2016-02-03 (水) 23:00:00 (1239d)