DSP

導入したコンポーネントは Preferences>Playback>DSP manager でアクティブにする(Active DSPs)。

Standard DSP Array

ファイル名
foo_dsp_std
概要
インストーラー同梱の DSP コンポーネント
関連URL
イコライザーのプリセットファイルのダウンロード
FAQ
Resamplerの設定はどうするべきですか?

ATSurround Processor

ファイル名
foo_dsp_atsurround
URL
http://www.andrewlabs.com/
概要
2ch のソースを 5.1ch サラウンドにマトリックスデコードする。Dolby Pro Logic II と同じようなもの。マルチチャネルソースを 2ch にマトリックスエンコードする。 ヘッドフォンの設定もあるのでヘッドフォンの使用にも良い。その際、同種DSPとの競合は避ける。

Channel Mixer

ファイル名
foo_channel_mixer
URL
http://www.skipyrich.com/wiki/index.php/Foobar2000:Channel_Mixer
概要
1~6ch のソースを 1~6ch に変換( upmix / downmix )する。チャネルごとにディレイを設定できる。

channel divider

ファイル名
foo_dsp_channeldividerF/foo_dsp_channeldividerF2B/foo_dsp_channeldividerF3B
URL
http://www.aedio.co.jp/download/index_j.html
概要
チャネルごとに分離。

Resampler DSP (SSRC)

ファイル名
foo_dsp_ssrc
URL
概要
SSRC (Shibatch Sampling Rate Converter) を利用した Resampler。
参考
SSRC (Shibatch Sampling Rate Converter) 1.31~ 10年ぶりに更新された。

Noise Sharpening DSP

ファイル名
foo_dsp_delta
URL
http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1050.lzh
概要
リニア PCM と delta-PCM の相互変換。一応エンハンサーとして使える。

VLevel

ファイル名
foo_dsp_vlevel
URL
概要
VLevel を利用したコンプレッサー。

Crossover

ファイル名
foo_dsp_xover
URL
http://xover.sourceforge.net/
Download
http://sourceforge.net/projects/xover/files/
概要
クロスオーバーネットワークとして機能する DSP。

Impulse response convolver

ファイル名
foo_convolve
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_convolve
概要
インパルス応答 DSP
備考
http://sjeng.org/foobar2000.html などからダウンロードできる "Convolver impulse responses (Misc)" に含まれている Unitpulse2K.wav は加工前のインパルス波形ファイルなのでこれに好きなエフェクトをかけて wave ファイルに出力すれば簡単に独自のインパルス応答ファイルを作成することが出来る。
関連URL

Post-track silence

ファイル名
foo_dsp_silence
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_dsp_silence
概要
曲間に指定した秒数の無音を挿入する。音楽 CD 作成や MD での録音などに。

Continuator

ファイル名
foo_dsp_continuator
URL
概要
音量を感知してオーバーラップさせる、クロスフェーダー + 高度なギャップキラー。ノンストップな曲ではクロスフェードしないように設定できる。 複数のサンプルレートが混在している場合の再生では、効果が効かない上に中途半端なところで再生が切れてしまうが、continuatorより上位にResampler有効にしておくことにより解決する。 推奨されないcomponent

SoundTouch DSP

ファイル名
foo_dsp_soundtouch
URL
概要
  • テンポ(倍速)・ピッチ・レートを調節。Preferences>Keyboard Shortcuts でSoundTouch Configurationsダイアログ表示を登録しておくと便利。ボタン化するには、Menu Addonsが必要。

Acro Skip Silence

ファイル名
foo_dsp_skip_silence
URL
概要
無音部分をスキップする。設定は Preferences - Playback - DSP manager で行う。

Dolby Headphone Wrapper

ファイル名
foo_dsp_dolbyhp
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_dsp_dolbyhp
概要
Dolby Headphoneを使用可能にする。ヘッドフォンで5.1チャンネルサラウンド音響を実現し、聴き疲れを軽減。PowerDVD や DVD プレイヤーソフトなどに付属する DOLBYHPH.DLL が必要。ダウンロードはこちらから → http://www.nodevice.jp/dll/DolbyHph_dll/item4882.html

Bauer stereophonic-to-binaural (BS2B) DSP

ファイル名
foo_dsp_bs2b
URL
http://bs2b.sourceforge.net/
概要
通常のステレオソースをバイノーラルに変換し、ヘッドフォンでステレオ音楽を聴く際の耳への負荷を軽減。

Crossfeed

ファイル名
foo_dsp_crossfeed
URL
http://www.naivesoftware.com/software.html
概要
ヘッドフォンの頭内定位(脳内定位)を緩和する。

4Front Headphones Plugin

ファイル名
foo_dsp_headphones9
URL
概要
BS2BやCrossfeedと同趣旨。インストールして使用するとOSPI Plugin Managerがタスクトレイに表示される。

Tube Sound

ファイル名
foo_dsp_tube
URL
http://skipyrich.com/wiki/Foobar2000:Tube_Sound
概要
真空管アンプの音をエミュレートする。

OSS/3D plugin

ファイル名
foo_dsp_oss3ddsp
URL
http://www.oss3d.com/
概要
音場調整系 DSP。シェアウェア($14.99)

Winamp DSP Bridge

ファイル名
foo_dsp_winamp
URL
http://pelit.koillismaa.fi/plugins/show.php?id=149
概要
winamp用DSPプラグインをfoobar2000のDSPとして使うためのコンポーネント。
備考

Center Cut

ファイル名
foo_dsp_centercut
URL
概要
センターに定位する音をカット。いわゆるカラオケ機能。

Resampler (Secret Rabbit Code)

ファイル名
foo_dsp_src9
URL
http://www.mega-nerd.com/SRC/fb2k.html
概要
Secret Rabbit Code を利用した Resampler

Gapless Crossfader

ファイル名
foo_dsp_crossfader
URL
概要
ギャップレス再生 + クロスフェーダー。設定は Preferences > Playback > DSP manager で、"Gapless Crossfader"を「Active DSPs Box」に追加 > Configure selected をクリックして行う。

Stereo Convolution

ファイル名
foo_dsp_stereoconv
URL
概要
ステレオソースの左右のチャンネルそれぞれにHRTFを畳み込むことによって、より自分にあったヘッドホンリスニングが実現できる。BS2B や Crossfeed と似たような機能。
簡単な使用法
  1. DEMO SOUNDSを参考に、適当な番号(10xx)を選ぶ
  2. 選んだ番号のファイルをダウンロード
  3. 解凍し、IRC_10xx_C フォルダを適当な場所に移動
  4. 設定のDSP Manager で Stereo Convolver を有効にし、上の Configure selected を押す
  5. Left/Right Wav File で、さっき移動させたフォルダ内の WAV ファイルを適当に選ぶ*1

VST bridge

ファイル名
foo_dsp_vst
URL
http://pelit.koillismaa.fi/plugins/show.php?id=205
概要
foobar2000 で VST プラグインを使用可能にする。

George Yohng's VST Wrapper

ファイル名
foo_dsp_vstwrap
URL
概要
foobar2000 で VST プラグインを使用可能にする。
使い方
DSP を有効にして foobar2000 を再起動すると、タスクトレイにアイコンが表示されます。トレイアイコンのメニュー「VST Setup...」をクリックして、VST Subsystem Configuration の「Add Folder」をクリックします。 VST プラグインが入っているフォルダーを追加した後、「Rescan All...」を実行すると、トレイアイコンのメニュー「Use VST Effect」から VST プラグインを選択できるようになります。
VST Plugins LINK
Virtual Studio Technology(Wikipedia), VST LINK - サイト:VSTプラグイン紹介, Free VSTi Plugins, VST Plugins Part1-8, KVR:VST Plugins, Free Windows VST Plugins - free-loops.com

SoX Resampler

ファイル名
foo_dsp_resampler
URL
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=67373
概要
SoX(Sound eXchange) を利用した Resampler。

Pregap DSP

ファイル名
foo_dsp_pregap
URL
http://www.saunalahti.fi/cse/foobar2000/?sort=modified&dir=r
概要
再生開始時に無音を挿入する。初期化の遅いデジタルレシーバー向け。

Freeverb

ファイル名
foo_dsp_freeverb
URL
概要
Freeverb DSPプラグイン。エコー効果を細かく調整できて便利。DSP Manager > Configure selected で調整可能。

Loudspeaker Equalizer

ファイル名
foo_dsp_loudspeakereq
URL
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=73142
ダウンロード
概要
低音域リスポンスを与える。低音の量を増加する。DSP Manager > Configure selected で調整する。

DFX for foobar2000

ファイル名
foo_dfx
URL
http://www.fxsound.com/dfx/index.php?vendor=11&subvendor=0&plus=0&refer=0
ダウンロード
http://www.fxsound.com/webapps/download?vendor=11&subvendor=0&plus=0&refer=0
概要
  • Winamp DSP plug-in - DFX 9.2 Audio Enhancerで有名な DFX 9 Audio Enhancer foobar2000版。
  • Windows Media Player Audio Effects (DSP) Plug-ins - DFX
備考
DFX Audio Enhancerインストール時には C:\Program Files\foobar2000\components に foo_dfx が入るが、foo_dfx をコピーすれば Portable installation でも使用可能。 Emailを入力してダウンロードしますが、パスワードが入力された返信メールがくる事はありません。そのまま使用可能です。「登録ありがとうございます」返信はきます。 また、「dfx9Setup-foobar2000.exe」セットアップ時に変なツールバーのインストールを求められますがインストールしなくてOKしなくて結構だと思います。

HDCD decoder

ファイル名
foo_hdcd
URL

SoX Lowpass filter

ファイル名
foo_dsp_lowpass
URL
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=80139
概要
SoX(Sound eXchange) をベースにしたLowpass filter。DSP Managerでの表示名は"Lowpass(SoX)"。

Echo DSP

ファイル名
foo_dsp_echo
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_dsp_echo
概要
シンプルなディレイ/エコーエフェクト。

DVD-Audio Decoder and Watermark Detector

ファイル名
foo_dsp_neutralizer
URL
http://sourceforge.net/projects/dvdadecoder/files/foo_dsp_neutralizer/
概要
DVD-Audio のウォーターマークを検出し、中和する。

Programmable reverb DSP

ファイル名
foo_dsp_prvb
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_dsp_prvb
概要
プログラマブルリバーブ (Sony PlayStation のハードウェアアルゴリズムに基づく)。

Fake Gapless

ファイル名
foo_dsp_fakegapless
URL
http://www.saunalahti.fi/~cse/foobar2000/?changes=foo_dsp_fakegapless&sort=modified&dir=r
概要
非可逆圧縮形式のギャップレストラックの変更時、簡易的に無音にしてグリッチノイズを回避する。Converterでポータブルプレイヤーにファイルを作成するときの使用を意図している。

Yet Another Convolver

ファイル名
foo_dsp_yac
URL
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?s=c19b369652b641cd489b69eead7ca844&showtopic=82745
概要
トラックに書き込まれたタグとサンプルレートから、あらかじめ用意されたインパルスフィルターを選択して適用する。

KOS-AIR2 (Resampler)

ファイル名
foo_dsp_KOS-AIR2
URL
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?s=87e7c66547c73b14af8c1ec8b49bbef7&showtopic=82794
概要
ローパスフィルターをかけず、オリジナルのサンプルを維持するリサンプラー。

Effect DSP

ファイル名
foo_dsp_effect
URL
概要
  • Echo (反響)、Reverb (残響音)、Phaser (位相を変化させた音や時間をずらした音を、原音とミックスし音に奥行や広がりを与える)、Wah Wah (カットオフ周波数を可変できるフィルター)、Bass Boost (低音域の強調)をサポートする。これらはそれぞれ別に有効 / 無効を切り替えられる。 現在のバージョンでは、ランタイムmsvcr100.dllを必要とする。更新でeffect効果追加。
  • Roadmap for foo_dsp_effect

VST 2.4 adapter

ファイル名
foo_vst
URL
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=84947
概要
foobar2000 で VST プラグインを使用可能にする。components > VST pluag-ins > VST DSP entries にVSTプラグイン(.dll)を追加すると、DSP マネージャーから利用できるようになる。 まだ、Beta版でかなり不安定なので注意。
備考

Real Bass Exciter EFX Module (en-US)

ファイル名
foo_dsp_BassExciter_EN
URL
概要
心理学のモデルベースの低音エキサイタ。

AltaCast

ファイル名
foo_altacast.dll
URL
http://www.altacast.com/
概要
開発の終了したEdcastの後継版。

Meier Crossfeed

ファイル名
foo_dsp_meiercf.dll
URL
作者サイト
概要
  • Meier Audio's crossfeedをfoobar2000に実装したもの

Subwoofer

ファイル名
foo_dsp_subwoofer.dll
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_dsp_subwoofer
概要
メインスピーカーより低い帯域の低音を補い再生する。

*1 R: 距離(cm), T: 方位(度), P: 仰角(度)

Last-modified: 2017-06-27 (火) 13:42:11 (452d)