General/通信系

COM Automation Server

ファイル名
foo_comserver
URL
http://foosion.foobar2000.org/0.9/
概要
ActiveX スクリプティングによって遠隔操作。

Control Server

ファイル名
foo_controlserver
URL
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=38114
概要
Telnet から遠隔操作。

HTTP Writer

ファイル名
foo_write_http
URL
http://foobar.daychanged.com/
概要
TCP / IP サーバーとして、ブラウザに曲情報を表示、foobar2000 をコントロールできる。

DDE Control

ファイル名
foo_ddecontrol
URL
http://otachan.com/foo_ddecontrol.html
概要
DDE によって遠隔操作。

WinLIRC Client

ファイル名
foo_lirc
URL
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=19252&st=50&p=391028&#entry391028
概要
WinLIRC などの LIRC 互換サーバーを利用して赤外線リモコンからfoobar2000をコントロールする。

ir2 Infrared Remote Control

ファイル名
foo_ir2
URL
http://dp.nonoo.hu/projects/foo_ir2/
概要
赤外線 / シリアルポートからfoobar2000をコントロールする。設定は Preferences > Tools > ir2

Winamp API Emulator

ファイル名
foo_winamp_spam
URL
概要
Winamp連動アプリケーションに対して、Winampと同じように振舞う。
動作が確認されているソフト
  • r1dll (同じ作者によるmIRCプラグイン。再生中の曲のタイトルの通知など。)
  • EvilLyrics (歌詞検索・表示ソフト)

Winamp IPC emulator

ファイル名
foo_winamp_ipc
URL
概要
Winamp API Emulator と使い道はいっしょ。負荷の軽減、おもしろげなコマンドの実装がなされている模様。詳しくは上記のページで確認されたい。

foo_remotecontrol

ファイル名
foo_remotecontrol
URL
http://wiki.hydrogenaud.io/index.php?title=Foobar2000:Components_0.9/Remote_Control_(foo_remotecontrol)
概要
Creative Sound Blasterなどについてくるリモコンでfoobar2000をコントロールする。

Joystick Control

ファイル名
foo_joystick_control
URL
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=50110
概要
ジョイスティックなどでfoobar2000をコントロールする。

Bluetooth Remote Control

ファイル名
foo_bluetooth_ctrl
URL
http://www.oxygenite.org/fb2k/
概要
Symbian OS を搭載した携帯電話のbluetoothでfoobar2000をコントロールする。
備考
Symbian OSでかつbluetoothをサポートしている携帯電話はF901iT, M1000, NM850iG, 705NK, 804NK ぐらいしかないので使い道がほとんどない。
関連ページ

APPCOMMAND multimedia key support

ファイル名
foo_appcommand
URL
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=55475

foo_request_http

ファイル名
foo_request_http
URL
http://ux.getuploader.com/foobar2000/download/11/foo_request_http_v09-0.4.zip
概要
配信などで使われるリクエストプラグイン。アップローダー機能やパスワード認証による遠隔操作も可能。 テンプレートフォルダを設置する際、間の階層に日本語フォルダがあると機能しないので注意する事。

Mixi Music plugin for Winamp, bridge component

ファイル名
foo_mixi_feat_winamp.dll
URL
http://foo-mixi.sourceforge.jp/
概要
gen_mixi_for_winamp に対して Winamp と同じように振舞う。

UPnP/DLNA Renderer, Server, Control Point

ファイル名
foo_upnp.dll
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_upnp
概要
  • UPnP (Universal Plug and Play)/Digital Living Network Alliance(DLNA)の略。 foobar2000 Media Library のサーバー化。こちら側のfoobar2000の音楽を他のデバイスで出力出来る(UPnP MediaRenderer Output (foo_out_upnp.dll)インストール済み コントローラー)。他のデバイスでfoobar2000 Media Library、Playlistを再生出来る(スマホ、タブレットなど。 レンダラー)。
Home Network
  • foo_upnp.dllコンポーネントを入れて、foobarを起動する。Preference>Tools>UPnP>Server>Basic Settings を選択する。Media Server -> Server is started になっている。此処でNetwork nameの変更も出来る。 Preference>Tools>UPnP>Server>Streaming Profiles も標準のままで。これで他のPCのWindows Media Playerを起動すると、左サイド下「foobar2000 Media Server」が表示されている。アルバムアートも表示される。 これで、foobar2000のMedia Library内のトラックを他のPCで聞く事が出来る。
  • UPnP Controllerは、foobarメニューからの操作も用意されている。メニュー>Playback>UPnP Controllerから。 UPnP Controller Playback Queue Playlistが作成されており、このPlaylistを再生する。他のデバイスで出力(コントロール)出来る
  • Media Renderer(他のデバイスからfoobar2000の音楽を聴く ) foobar以外での例 : Android BubbleUPnP/Google Playストア BubbleUPnP for DLNA/Chromecast/ BubbleUPnP UPnP/DLNA License指示通りインストール。foo_upnp.dllインストールしているfoobar2000を起動する(Preferences>Tools>UPnP>Server>Internet Acsess で Alow Internet accessのチェックとIPアドレス、ログイン名、パスワードの設定済み)。BubbleUPnPのアイコンをタップしてfoobar2000 Network name、Media Libraryを選択し再生する。foobar2000 Libraryもこちら側で楽しむ事が出来る。Bluetoothスピーカー/ワイヤレスヘッドホン、デジタルワイヤレスヘッドホンなどと組み合わせる事で様々な用途で楽しめる。
  • UPnP Browserを使えば、他のデバイスのMusic Library、Playlistをパネル表示が出来る。他のデバイス foobar2000 Media Libraryもこちら側で楽しむ事が出来る。メニュー>View>UPnP Browserから。Network name を選択してMusic Library (Media Library)からPlaylistを選択する。こちら側のfoobarにUPnP Browser SellectionというPlaylistが作成され、Playlist Viewに表示されている。
関連
参考

HTTP Control

ファイル名
foo_httpcontrol
URL
概要
HTTP インターフェースから foobar2000 をコントロールする。
設定と操作
  • foo_httpcontrol.dll をコンポーネントフォルダに、template フォルダ(ajquery など)を foo_httpcontrol_data フォルダを作ってその中に入れる。
    • foo_httpcontrol_data フォルダの場所は、Shiftキーを押しながらメニュー "File" > Browse configuraton folder: configuration
  • Preferences > HTTP Control > Home directory 「foo_httpcontrol_data」フォルダーのパスを指定する。
  • ユーザー名とパスワード、アドレスとポートを設定。(e.g. Listen on 192.168.11.10:8888)
  • Start server チェックを一度外す > Apply > チェックを入れる > Start server > Open http (e.g. 192.168.11.10:8888) をクリックするとブラウザが起動する。
  • 次回ブラウザのアドレス欄にアドレスとポートを入力し、ユーザー名とパスワードを入力してテンプレートを選択する。
  • iOS, Android, Windows mobileの各アプリと利用する場合、先にPC側のファイアウォールでプログラム (foobar2000.exe) 許可指定をした方が良い。そうしておかないと設定の途中で繋がらない場合がある。
関連ページ

TouchRemote DACP server for foobar2000

ファイル名
  • foo_touchremote
  • TouchRemote.Bonjour.dll, TouchRemote.Core.dll, TouchRemote.Interfaces.dll
URL
概要
DACP (Digital Audio Control Protocol) を foobar2000 用に実装した。Remote (iPhone、iPod Touch、iPad 向け) や TunesRemote+ (Android デバイス向け) などのクライエントを用いた通信を行う。 Apple の DAAP (Digital Audio Access Protocol) を使用する場合、iTunes のインストールが必要 (Bonjour Service)
関連ページ

MonkeyMote 4 Foobar

ファイル名
foo_monkeymote.dll
URL
http://www.monkeymote.com/
概要
iOS Device(iPhone, iPad, iPod touch)コントローラー。iTunes App MonkeyMote 4 foobar2000が必要。
参考
foobar2000 mobile - Deviceコントローラー

HTTP Control for FoobarCon

ファイル名
foo_foobarCon.dll
URL
https://sites.google.com/site/foobarcon/
概要
Android Deviceコントローラー。PC側 HTTP Control (foo_httpcontrol)、Device側 Google Play アプリ: FoobarCon | FoobarCon Proが必要。
参考
foobar2000 mobile - Deviceコントローラー

Last-modified: 2017-06-22 (木) 17:10:49 (457d)