Lyrics Panel 解説

コレ何?

歌詞を表示するパネル。カラオケタグ機能付き。

up210.png

導入方法

※Columns UIが必要です (参考:Columns UI 解説

設定方法

パネルを右クリック - Settings... もしくは Preferences - Tools - Lyrics Panel

up211.png

Display

Font

Display options

Colours

Search

ファイル名にワイルドカード '*' を使用できる。ただし用い方によってはミスヒットすることが多く、特にキャッシュと併用する場合は注意が必要。

検索するフォルダの詳細設定

Search options の検索ソースをダブルクリックすることで詳細設定が可能

圧縮ファイル内はサブフォルダとみなされ、圧縮した音楽ファイルのパスも C:\Music\foo.zip|bar.mp3 のようになるため、$replace(%_path%,%_filename_ext%,) では同じフォルダを指定したことにならない。 そのため、圧縮ファイル内に歌詞を置く場合は以下のように状況に合わせて設定しなくてはならない。また、圧縮ファイルを扱うにはArchive Reader(foo_unpack.dllなど)が必要。

  1. 例: 歌詞ファイルのみ圧縮している場合: デフォルト設定の Search Depth を変更するだけ
    フォルダ
    ├ 楽曲ファイル1
    ├ 楽曲ファイル2
    ├ 圧縮ファイル
    │ ├ 歌詞ファイル1
    │ └ 歌詞ファイル2
    Subdir Search Depth: 1
    Source: $replace(%_path%,%_filename_ext%,)
  2. 例: 圧縮ファイル内の同じ階層に楽曲ファイルと歌詞ファイルがある場合
    フォルダ
    ├ 圧縮ファイル
    │ ├ 楽曲ファイル1
    │ ├ 楽曲ファイル2
    │ ├ 歌詞ファイル1
    │ └ 歌詞ファイル2
    Subdir Search Depth: 0
    Source: $replace(%_path%,|%_filename_ext%,)
  3. 例: 圧縮ファイル内に歌詞用のフォルダを作って格納している場合
    フォルダ
    ├ 圧縮ファイル
    │ ├ 楽曲ファイル1
    │ ├ 楽曲ファイル2
    │ └ 歌詞フォルダ
    │  ├ 歌詞ファイル1
    │  └ 歌詞ファイル2
    Subdir Search Depth: 1
    Source: $replace(%_path%,|%_filename_ext%,)
    

検索ソースの初期設定

Etc

Time Tag options: タイムタグの設定

コンソールへのログ表示

思うように動作しない場合のデバッグ用

コンテキストメニュー

Lyrics Editor (未実装)

参考リンク


Last-modified: 2016-02-03 (水) 23:00:00 (806d)