PSS/ELPL 実践編

必要なもの

TFについて

Titleformat(TF)はfoobar2000中で特殊な働きをするスクリプトです。 TFを用いる(Title Formatting)と、柔軟で高度な動作を行うことができます。 このページの理解に不可欠ですので、必ず目を通してください。

基本

基本的には、入力された文字列をTFに従って上から順に整形して出力します。

あいうえお → 「あいうえお」と出力される
%title% → トラックのタイトル名が出力される
$greater(x, y) → xがyより大なら「真」と出力され、そうでないなら「偽」が出力される

これらの関数は、foobar2000の仕様に基づき処理されます。 また、コンポーネントが提供する関数が、TFを拡張します。 リファレンスに、関数とその書式、仕様が記載されています。 従って、リファレンスを見ながらTFを入力していくことになります。

但し、PSS/ELPLでは、出力しても表示はなされません。 代わりに、用意されている文字列表示関数を用いて描画します。

$drawtext(あいうえお,x座標,y座標,幅,高さ,色,オプション)

この$drawtext()関数はfoobar2000標準のものではなく、PSS/ELPLが 独自に実装しているので、仕様はPSS/ELPLのリファレンスに記載されています。

資料

初めに

流れ

  1. 必要なものをインストール
  2. 更に欲しい機能を提供するコンポーネントをインストール
  3. Columns UIで各種コンポーネントを配置し理解
  4. デザインの構想を練る
  5. PSS/ELPlaylistでTFと格闘

TIPS

カスタマイズの例を見てみたい

背景とかボタンとか作れないんだけど

Columns UI(CUI)

概要

コンポーネントが提供するパネルを配置するUI

基本操作

foobar2000の設定画面(Preferences)内のDisplay項目のUser Interface Moduleを ドロップボックスをクリックしてColumns UIに変更、foobar2000を再起動します。 Columns UI(以下CUI)は、パネルの配置でレイアウトを変更するUIです。 設定画面のDisplay-Columns UIのLayoutタブでパネルの配置を行います。

コンポーネント

User interfaceから探す。 foobar2000はライブラリ指向。各機能でそれぞれ1個選ぶ。勿論複数でもかまわないが。

PSS/ELPL 共通事項

PSS

概要

TFでデザイン可能な高機能Splitter

使い方

  1. CUI LayoutタブでルートをPanel Stack Splitterにしてその隷下に表示するコンポーネントを置く
  2. Splitter Settingsより詳細なパネル配置を行う
  1. Splitter SettingsよりTFを入力し、カスタマイズ

TIPS

ELPL

概要

SCPL Likeなグループヘッダ指向のプレイリスト パネル右クリック->Settings...より設定

設定ウィンドウ

TIPS


Last-modified: 2016-02-03 (水) 23:00:00 (805d)