User interface/UI Element

Facets

ファイル名
foo_facets
URL
http://foobar2000.audiohq.de/foo_facets/
概要
連結リストのコンセプトに基づく Media Library Viewer。やたらと軽い Music Browser みたいなもの。 Playlistとしては勿論、タグ付けの確認やまとめてのタグ編集に便利。
解説
facets.jpg

Text Display UI Element

ファイル名
foo_textdisplay
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_textdisplay
概要
(標準の設定では)再生中は再生しているトラックのメタデータ、そうでない時は選択したトラックのメタデータを表示する UI Element。 簡単な再生状況表示や、 歌詞表示に使用するとよい。text ファイルなど、メタデータでないものには対応しない。
up1230.png

Shpeck - Winamp vis plug-ins wrapper

ファイル名
foo_vis_shpeck
URL
概要
UI Element (DUI) と UI Extension (CUI)で使用可能。Visualization の項参照。

Add New UI Elementsダイアログ > Playback Visualisation > Shpeckを選択し表示する。設定は、Preferences>Visualisations>Shpeck から。 UI Elementsパネルとして表示していなくても、メニュー > View > VisualizationsからVisualizationを選択すると外部表示が出来る。 foobar本体を最小化しても別窓でVisualizationを表示する事が可能。

up1231.png

Screen Saver Host

ファイル名
foo_vis_screensaver
URL
http://foosion.foobar2000.org/components/?id=screensaver
概要
Screensaver Visualization "Screen Saver" Groupから選択。 Main menu > View > Layout > Enable Layout Editing Mode にチェックを入れてから画面右クリックしてScreen Saverを選択する。 Visualization の項参照。
sshost.jpg

Infospect

ファイル名
foo_infospect
URL
概要
プロパティを簡素パネル化した感じで再生中のトラックのメタデータなどを表示する。編集は出来ない。
infospect.png

Waveform Seekbar

ファイル名
foo_wave_seekbar
URL
概要
UI Element、UI Panelとして再生トラックを波形状に表示させるSeekbar。UI Element (DUI) と UI Extension (CUI)で使用可能。 DirectX August 2009 runtime redistributableインストールが必要。
up1101.png

WSH Panel Mod

ファイル名
foo_uie_wsh_panel_mod, interface.api, jscript.api
URL
概要
Windows Script Host (WSH) を使用してタスクを実行する。UI Element (DUI) と UI Extension (CUI)で使用可能。Utility グループから選択して表示する。
参考URL
サンプル

Biography View

ファイル名
foo_uie_biography
URL
概要
Biography View 0.4.0.0以降 UI Element (DUI) と UI Extension (CUI)で使用可能。Playback Information グループから選択して表示する。 UI extension - Biography View 参照。
up1233.png
Run External Scripts

Lyric Show Panel 3

ファイル名
foo_uie_lyrics3
URL
概要
歌詞表示パネル。埋め込み、テキスト形式が表示可能。UI Element (DUI) と UI Extension (CUI)で使用可能。UI Elementは、Utility グループから選択する。Online歌詞サーチ付(自動、手動)。パネル表示されている歌詞のSource type(Search order: box)を確認するには、パネル上コンテキストメニュー "About current lyrics..."をクリックする。foo_uie_lyrics2の後継。
関連
Custom lyrics source, Minilyrics source
lsp3.png

左パネルは、scripts for foobar2000 + JScript Panel

Cover Flow

ファイル名
foo_bubble_coverflow
URL
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?s=&showtopic=60664&view=findpost&p=685254
概要
Utilityグループ > Cover Flow を選択して表示する。環境依存でUI Elementとして表示出来なくても Main menu > View > Show cover flow Window で外部表示可能。 設定は、画面右クリックPreferences...から。Fontの色は、メニュー > Preferences > Display > Default User Interface > Colors and Fonts > Highlight で。
up1232.jpg

UI extension - Cover Flow

Podcatcher

ファイル名
foo_podcatcher
URL
http://www.unkempt.co.uk/fb2k/foo_podcatcher.html
概要
UI Elementsとして表示可能なPodcastリストパネル

EsPlaylist

ファイル名
foo_uie_esplaylist
URL
http://foo2k.chottu.net/
概要
ELPlaylistの簡易バージョン。Windows XPはサポートしていません。UI Extension/UI Element対応。Playlist Renderers グループから"EsPlaylist"を選択して表示する。

アルバムアートが表示され、再生したい画像をダブルクリックするとPlaylist Viewerになるという感じです。 画面上右クリック設定には、Grouping, Playlists, Optionsがある。Column上右クリックでColumnの編集可能。「Edit Column」も備えている。「Edit Column」設定は、Column項目のName変更、Format、 Dynamic Format、Alignで位置決めなどわかりやすく簡単になっている。ColumnのArtwork幅を広げればArtwork画像大小調節になる。

Column 項目上で右クリック > Insert Column > から表示したい項目を選択(クリック)するとその前に表示される。削除は消したい項目上で右クリック「Delete Column」をクリックすると削除される。Column上右クリック「Enable Typing Search」機能 → チェックで ON/OFF。 例えば、「Title」で「Enable Typing Search」をON状態にしておく、キーボードで「J」と叩くと、上から「J」で始まるTitleにカーソルがいく。ON状態だとNextも「J」で始まるTitleを探しにいく。Options > Apperance からColumnやスクロールバーの表示/非表示切り替えをチェックで行える。

Preferences > EsPlaylist > Groupingタブ > Preset Setting でGroupingを選択ダブルクリックで、「Grouping Settings」画面を表示しSettingする。(Gruoping, Title, Side info, Artwork)その他、Sort format機能も備えている。

Behabiour タブでは、Browse Library Action機能選択出来る。Playlistから選択Tracks(Album)の削除は、keyboard "delete"で行う。アルバムアートが無い場合、Nocover画像表示設定は、v1.0 API 対応ですので、Preferences > Display の ”Album art”下「Sub image path」で画像を指定します。 UI Element - Selection Information - Album Art Viewerを参照して下さい。

Grouping分け > Line上(Grouping Separate)をダブルクリックするとTrackが隠れアルバムアートと情報の表示に変わります。EsPlaylist View上右クリック Options > View Style > Layered View にチェックします。

"inline tag-editer"追加でEsPlaylist上TAG編集が可能になった。Edit Column... > Linked Meta Fiels:選択。Options > Inline-Editにチェック > EsPlaylist上ダブルクリック編集。

up1168.jpg

UI extension - EsPlaylist

UPnP/DLNA Renderer, Server, Control Point

ファイル名
foo_upnp.dll
URL
概要
  • foobar2000 Media Library のサーバー化。こちら側のfoobar2000の音楽を他のデバイスで出力(再生)出来る(コントローラー)。他のデバイスでfoobar2000 Media Library、Playlistを再生出来る(スマホ、タブレットなど。 レンダラー)。
  • UPnP Browser/Controllerパネル化 : 追加、置き換え UI Element Type>Utility>UPnP Browser/Controllerを選択する。Controllerは、こちら側のfoobarから他のデバイスのfoobar(foo_upnp.dll, UPnP MediaRenderer Output (foo_out_upnp.dll)インストール済み))で音楽を出力出来る。音声出力側のfoobar Preferences>Tools>UPnP>Server>Internet Acsess で Alow Internet accessのチェックとIPアドレス、ログイン名、パスワードの設定をしておくこと。両側の設定が終わり両方のfoobarを起動する。UPnP Controller上部に"Select a device..." と表示されていれば準備完了。相手側のNetwork nameを選択してPlaylist>UPnP Controller Playback Queueを再生する。また、UPnP Controllerは、メニューからの操作も用意されている。Menu>Playback>UPnP Controllerから。
  • 下の画像は、UPnP Browserで他のデバイスのMusic Libraryを選択して、こちら側のfoobarで聴いている。 UPnP Browserで他のデバイスのPlaylistを選択すると、こちら側のfoobarにUPnP Browser SellectionというPlaylistが作成され、Playlist Viewに表示されている。後は再生するだけ。サーバー、コントローラー、レンダラー機能と楽しいコンポーネント。このコンポーネントを使用する際、家庭内LANの構築とそれなりのセキュリティが必要。
関連 参考
upnp.png

Queue Contents Editor

ファイル名
foo_queuecontents
URL
Download link
概要
UI Element (DUI), UI extension (CUI) 対応。 Utilityグループ"Queue contents"を選択。Add to Playback Queueに登録したTrackを表示、Queue Playlistを作成する。 TitleFormattingにより、登録Queue Track名変更可能。またQueue Playlist名も変更出来る。設定は、Preferences > Tools > Queue Contentsから行う。 また、Panel内でドラッグ&ドロップでトラックの順番を入れ替える事が出来る。Main menu > View > Queue Contents Editor で外部表示も出来る。

Queue Contents Editor (foo queuecontents) wiki

up1224.png

Quick Search Toolbar

ファイル名
foo_quicksearch
URL
概要
Media Library 検索パネル。Quick Search Toolbar (foo_uie_quicksearch)のUI Element (DUI), UI extension (CUI) 対応版。 UI Elementの場合、「Media Library Viewers」グループ"Quicksearch"を選択します。CUIの場合、Column UI 0.3.8+が必要になります。

設定は、Preferences > Media Library > Quicksearch、Quick Search Toolbarプルダウンからでもいけます。Panelとして組み込んでいなくても、Main Menu > Library > Quicksearch で外部表示可能です。 Context Menuに「Search for same」が追加されます。Quicksearch UI Element (foo quicksearch) wiki

up1226.png

Bookmarks

ファイル名
foo_bookmarks
URL
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=46612
概要
Bookmarks参照。v0.3.1で、UI Element (DUI) と UI Extension (CUI)対応。Utilityグループから選択。 設定は、Preferences > Tools > Bookmarks、 Palnel上右クリック「Settings...」からでもOK。 「Special」タブの「Show settings for: > Focused playlist にすると左「Playlist」が選択可能となる。操作は、Playlist上コンテキストメニュー「Bookmark」を選択する。自動で追加させる事も可能。bookmark_icons DUIのみ。
up1113.png

Playlist Organizer

ファイル名
foo_plorg
URL
概要
プレイリストをツリー形式で整理し、分類するためにフォルダ階層を作成する。
up1124.png

TagBox

ファイル名
foo_tagbox
URL
概要
カーソルで選択、再生中のTrackのタグ表示、編集可能な UI Element。Utilityグループから選択する。Rating付け機能も備えている。
up1127.png

VU Meter

ファイル名
foo_vis_vumeter
URL
http://foobar2000.ru/forum/viewtopic.php?t=4061
概要
UI Element, UI Extensionとしても使用可能なアナログVUメーター。Playback Visualizationグループから"Analog VU Meter"を選択する。 UIとして表示しなくても、Menu > View > Visualizations > Analog VU Meter で外部表示できる。
up1234.png

SimPlaylist

ファイル名
foo_simplaylist.dll
URL
概要
Default UI element Playlist View。Layout Editing Modeからパネル化する。グループ分け、Columnsのカスタマイズ、アルバムアート、イメージ画像表示可能。
up1203.jpg

SimPlaylist Search

ファイル名
foo_simplaylist.dll
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_simplaylist
概要
  • SimPlaylist付属 Playlist Searchパネル。Columnsに多数の項目が用意されている他、自分で追加出来る。またグループ分けの機能も付いている。 設定はSimPlaylistと同じ。検索した後、Playlist Viewとして使用出来る。また、SimPlaylistを表示していなくても、SimPlaylist Searchをパネル化出来る。
simplaylist.png

SimPlaylist Manager

ファイル名
foo_simplaylist_manager.dll
URL
概要
  • Default UI element Playlist パネル。Layout Editing Modeからパネル化する。 Playlist Managerとの違いはColumnsに多数の項目が用意されており、多数の情報を表示、分類出来る事。
simplaylist_manager.png

Chronial's Coverflow

ファイル名
foo_chronflow.dll, glfw3.dll
URL
概要
Columns UI Panel "Chronial's Coverflow" のDefault UI版。v0.4.3からColumns UIでの使用も可能。 Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージが必要。

Layout Editing Modeにして、Add New UI Element>Media Library Viewers>Chronial's Coverflowを選択する。 Preferences > Display > Chronflow あるいは、Coverflowパネル上で右クリック > "Chronflow Preferences" をクリックして設定。

設定は Preferences > Display > Chronflow から。Displayタブで表示するアルバムタイトルの編集。Positionで文字の位置決め。 Cover Displayタブで Saved Configurations プルダウンメニューから標準で用意されている中から選択してみて下さい。 下の Compile / Apply ボタンをクリックします。「Compilation successfull」と表示されると切り替わります。

up1225.jpg

JScript Panel

ファイル名
foo_jscript_panel.dll, interface.api, jscript.api
URL
概要
WSH (Windows Script Host) を実行しいろいろなPanelを作成できる。WSH panel modが更新されない為、また古いScript Panelがクラッシュするという事態を避ける為に新たにコンポーネント名を変えて作成使用。 foobar2000 v1.3以降、Windows Vista以降、DUIとCUIの両方をサポートする。

Layout Editing Mode > Add New UI Element... > Utility > JScript Panel を選択し表示する。Tools > Import、あるいは画面を右クリックConfigure...から画面にScriptを貼り付ける。 Panel Script更新時、あるいは Preferences > Display > Default User Interface > Theme management の "Enable layout editing mode" にチェックを入れ Export Theme から.fth形式でテーマを保存して置くと良い。

jscript_1.jpg
jscript_2.png
サンプル
  • foo_jscript_panel同梱 "samples"フォルダ置き場所。
    • 手動: Portable installationの場合、ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し展開されたフォルダ内のsamplesフォルダをfoobar2000\componentsフォルダ内に置く (foobar2000\components\samples)。Standard installationの場合 > AppData\Roaming\foobar2000\user-components\foo_jscript_panel\samples。JScript Panel 1.1.5.1/foobar2000 v1.3.13 beta 1から。
  • JS Smooth Playlist Manager, JS Smooth Playlist, JS Smooth Browser

http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1271.png

関連
WSH Panel Mod
参考
JUNK Reno - JScript Panel txt和訳 JUNK Reno - foobar2000のwsh panel mod(JScript)のサンプルコード

ESLyric

ファイル名
foo_uie_eslyric.dll
URL
概要
  • 多機能な歌詞表示パネル。DUI(工具>ESLyric)、CUI(面板>ESLyric)共にパネル化可能。歌詞検索サイトスクリプトが用意されており追加も可能。Display表示も可能。Panelダブルクリックで全画面表示も出来る。設定は、Preferences>Tools>ESlyric から。
    • 歌詞検索サイトスクリプトの追加は、"scripts"フォルダを C:\Users\username\AppData\Roaming\foobar2000\user-components\foo_uie_eslyric\scripts の様に作成し、スクリプトファイル(xxx.js)を "scripts"フォルダ内に置く。Preferences>Tools>ESLyric>Seach>Lyric Source>Updateをクリックする。Box内に追加されたか確認する。
    • Lyricファイルを保存する場所の設定は、Tools>ESLyric>Search>Lyric Save Save Scheme: > Configuration folder>C:\Users\username\AppData\Roaming\foobar2000\lyricsフォルダが作成されLyricファイルが保存される。 Save Scheme: > Save to user defined folder で任意の場所にフォルダを作成しLyricファイル保存先を指定出来る。保存はパネル上コンテキストメニューから。Portable installationの場合、歌詞検索サイトスクリプト置き場>\foobar2000\components\scripts, Lyricファイル保存先 Configuration folder \foobar2000\lyrics となる。
  • Preferences>Display>Default User Interface>Colors and Fonts>Defaultでフォントと大きさ決定。
  • Columns UIのフォントの変更は、Display>Columns UI>Colours and Fonts>Fontsタブ>Fonts>Elements : Common (list items) > Change...から。
    eslyric.png

Youtube Source

ファイル名
foo_youtube.dll
URL
概要
  • Playlistから選択したTrackを複数の項目でYouTube内を検索しPanel化する事が出来る。
  • 新たなPlaylistが作成され(e.g. [Youtube] The Pretty Reckless)、YouTube Videoをfoobar2000のPanel内で見る事が出来る。
  • foo_youtube_x.xx_preconfの方をダウンロードすれば、LAVFilters/xy-VSFilter DirectShow Splitterが同梱されており直に使用出来る。
  • Youtube VideoのPanel化は、Add New UI Elements > Youtube Source > Youtube Video を選択する。
  • 設定は、Preferences > Tools > Youtube Source から。

http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1270.png

参考


Last-modified: 2018-01-27 (土) 18:54:34 (117d)