Columns UI

Columns UI + 各種パネル導入後のスクリーンショット

octavarium.jpg

上から順番に

Columns UI の導入

Columns UI を導入することで、プレイリストを柔軟に表示したり、各種パネル系コンポーネントを利用したりすることができます。

対応バージョン

Columns UI のインストール

musicmusic's foobar2000 stuffcolumns ui からダウンロードしたファイルを解凍後、foo_ui_columns.dll を foobar2000 フォルダ内の components フォルダに入れます。
PNG画像を表示したい場合には、Columns UI - Requirements > - libpng and zlib libraries から、ダウンロードしたファイルを解凍後、libpng13.dll と zlib1.dll を foobar2000 フォルダに入れます。
foobar2000 起動後に Default User Interface と Columns UI のいずれかを選択するダイアログが表示されますので、Columns UI を選択します。

プレイリストは一から構築するのが困難ですので、まずは投稿された設定ファイル (.fcs) を流用します。
fcsファイルは Preferences - Display - Columns UI - Main - Importing and exporting - Import から読み込みます。

Columns UI の設定

Preferences - Display - Columns UI から設定を行います。

Main

Layout

パネルのレイアウトを設定します

Status bar / Systray

status pane

v0.3.8.1から追加された、ステータスバーの拡大版のようなもの。メインメニュー > View > Show status pane のチェックで表示/非表示する。
標準でボリュームバーが表示されている。情報量を多く表示出来る(現在センター寄りのみ)。改行は $crlf()、右寄せは $tab() を使う。
左に表示されている「item selected」は選択されているトラック数。「Length」選択されたトラックの合計演奏時間になる。
Preferences > Display > Columns UI の Status bar タブにある「Title format script」によって書式が決まる。

ボタンのカスタマイズ

ボタンの上で右クリック - Customize... でボタンのカスタマイズができます。ボタンの画像は自作するか、下記 URL を参照。
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=35270&hl=

Customise buttons

Command picker

スペクトラムアナライザーのカスタマイズ

スペクトラムアナライザーの上で右クリック - Configure... でスペクトラムアナライザーのカスタマイズができます。

Columns UI Wiki