WASAPI output support

ファイル名
foo_out_wasapi
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_out_wasapi
概要
Vistaに実装されたWASAPI(Windows Audio Session API)を利用して出力する。正確(bit-exact)な出力が可能とのこと。
備考
Windows Vista SP1以降のOSに標準搭載されているオーディオAPI。

Wasap2

ファイル名
foo_out_wasap2.dll (Windows 8/10) / foo_out_wasap2_V7.dll (Windows 7/8/10)
URL
http://sourceforge.net/projects/foobar2000-wasap2-output/
概要
WASAPI output。SIMD instructionsを有効にすると、レイテンシーを削減しパフォーマンスを向上させる。 手動で詳細なバッファサイズを調整することが出来る。設定は Preferences > Advanced > Playback > WASAP2 から。
  • 設定を変更するたび再起動が必要。Windows 10 November updateをインストール後再生不可などの問題あり。環境依存によるところが大きい。
  • MMCSSの利用: Multimedia Class Scheduler Service
  • Preferences>Playback>Output>Device WASAP2: xxx を選択する。
  • 詳しくは、"readme.html" > Advanced configuration, Tuning Tips
wasap2.png

ASIO support

ファイル名
foo_out_asio
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_out_asio
概要
ASIO (Audio Stream Input Output) 出力用コンポーネント。"emasio.dll" ASIO driver patch for E-MU hardware
備考
ASIO出力にしたからといって音質がよくなるわけではありません。kmixer以外のリサンプラを使用したい場合や、デジタル出力においてビットパーフェクトな出力を行いたいなど、ASIO ドライバの仕組みを理解した上で使用するようにしましょう。
参考リンク

foo_out_asio2

ファイル名
foo_out_asio2.dll (Windows 8/10), Wfoo_out_asio2_W7.dll (Windows 7/8/10)
URL
http://sourceforge.net/projects/foobar2000-wasap2-output/
概容
  • ASIO (Audio Stream Input Output) 出力用コンポーネント。
  • Preferences>Playback>Output>Device ASIO2: xxx を選択する。
  • 手動で詳細なBuffer サイズ と Sample cache サイズを調整することが出来る。設定は Preferences > Advanced > Playback > ASIO2 から。
  • 詳しくは、"readme.html" > Advanced configuration, Tuning Tips
  • Trackの繋ぎで途切れる、クラッシュする場合、Preferences>Advanced>Playback>ASIO2>Component Config>Use SIMD instructions (optim.) のチェックを外して再生可能か確認してみる。

Kernel Streaming support

ファイル名
foo_out_ks
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_out_ks
概要
カーネルストリーミング出力。
エラーメッセージ
  • ERROR (foo_out_ks) : KS output error: error opening device.
    • Output data format の設定が間違っている場合やデバイスが占有されている場合などに表示される。

関連・参考サイト (High-Resolution DSD再生など)