スマートホンやタブレット型端末向けの Audio Player アプリケーション。


アプリストア

対応フォーマット

iOS foobar2000
  • iOS 8 or newer、iOS 6.1 and 7.x 1.0.33まで。
  • All device families (iPhone, iPod touch, iPad) supported.
  • The oldest supported devices are : iPod Touch 4gen, iPhone 3GS, iPad 2.
  • Supported audio formats
    • Popular lossy formats : MP3, MP4/M4A, Musepack (MPC), Ogg Vorbis, Opus
    • Popular lossles formats : FLAC, WavPack (WV), Apple Lossless (ALAC)
    • Utility formats : WAVE, WAVE64, AIFF, AU, SND, 8SVX
    • Module formats (yep we mean it) : MOD, S3M, XM, IT and many more
    • Video game music formats (yep we really mean it) : PSF, PSF2, QSF, USF, GSF
    • Archive formats : ZIP, 7-zip, RAR
Android foobar2000
  • Android 2.3 or newer.Phone or tablet device.
  • Supported audio formats
    • Popular lossy formats : MP3, MP4/M4A, Musepack (MPC), Ogg Vorbis, Opus
    • Popular lossles formats : FLAC, WavPack (WV), Apple Lossless (ALAC)
    • Utility formats : WAVE, WAVE64, AIFF, AU, SND, 8SVX
    • Module formats : MOD, S3M, XM, IT and others
    • Video game music formats (yep we really mean it): PSF, PSF2, QSF, USF, GSF
    • Archive formats: ZIP, 7-zip, RAR
Windows Phone foobar2000
  • Windows Phone 8.1 or Windows Phone 10 device
  • Supported audio formats
    • Popular lossy formats : MP3, MP4/M4A, Musepack (MPC), Ogg Vorbis, Opus
    • Popular lossles formats : FLAC, WavPack (WV), Apple Lossless (ALAC)
    • Utility formats : WAVE, WAVE64, AIFF, AU, SND, 8SVX
    • Module formats: MOD, XM, S3M, IT and others.
Windows Universal foobar2000
  • Windows 10 tablet/desktop/phone, Windows Phone 8.1
  • DecodingにFFmpegを使用しない、Microsoft codecs を使用する (MP3 & AAC)。
  • Windows版は、output mode にWASAPIを使用。
  • Supported audio formats
    • Popular lossy formats : MP3, MP4/M4A, Musepack (MPC), Ogg Vorbis, Opus
    • Popular lossles formats : FLAC, WavPack (WV), Apple Lossless (ALAC)
    • Utility formats : WAVE, WAVE64, AIFF, AU, SND, 8SVX
    • Module formats: MOD, XM, S3M, IT and others.

機能・簡単な操作説明

Browse

Tools

SEARCH

その他の操作

foobar2000 mobile Skin

Skin Designer コンパイラーやサンプル"SpoonTestSkin"など用意されている。

Skin Designer (Windows上でしか使用出来ない)をインストール、SpoonTestSkinをベースにして画像などを入れ替えて(リネーム、もしくはSkinningを参考に.txtを編集する)、 "skindef.skindef" をダブルクリックすると "Skin Designer" が立ち上がり、Labelやアイコンの色形、サイズ、配置、Code、解像度を確認して上部 "Stop" をクリックしStop画面を確認して閉じると、"Test Skin.fbskin" が同フォルダ内に作成されている。 縦画面を編集したい場合、portrait.txt(縦) 4ファイル、横画面を編集したい場合、landscape.txt(横) 4ファイルをそれぞれ編集する。縦横の両方の場合、合わせて8ファイルを編集する。"skindef.skindef"をダブルクリックして、Skin Designerでコンパイルする。

SpoonTestSkinは、あくまでPlayback Contorols ScreenでのSkinなので、全体を編集するものではない。Browseのアイコンをリネームして入れ替えれば使用出来る。あと、Browse画面で再生中のトラック左に表示される青い横三角画像は入っていない。Browse Now Playing/pause アイコン iconplay.png, iconpause.png / repeat shuffleボタンアイコン repeat.png, repeat-h.png shuffle.png, shuffle-h.png / muteボタンアイコン volume.png, volume-h.png を自分で用意する。

Skinファイル(.fbskin)を公開する際、フォルダごと(画像、portrait.txt、landscape.txt)Upするのが望ましい。自分の環境と編集したい箇所等、"skindef.skindef" をダブルクリックして自分用にコンパイル(Skin Designer)する為。

類似・比較対象アプリ例

関連アプリケーション

Deviceコントローラー

iOS > foobar2000
Android > foobar2000
  • foobar2000 controllerFoobarCon
    • Device側からコントロール出来る代表的なアプリ。この2つのアプリもHTTP Controlを必要とする。PC側 (foobar2000) とDevice側とにインストールあり。Preferences > HTTP Controlでの設定が出来れば比較的容易に使用出来る。
  • foobar2000 controller
    • http://foobar2000controller.blogspot.jp/
    • ダウンロードしたPC installerをダブルクリックして、foobar2000フォルダを指定する。foobarをStandard installationでインストールしてある場合、標準でインストール先が"C:\Users\User-Name\AppData\Roaming\foobar2000\"になる。\foo_httpcontrol_data\foobar2000controllerフォルダが入る。 Preferences > Tools > HTTP Controlでの設定。foobar2000起動。
    • GooglePlay側インストール: foobar2000 controllerアプリをインストール後、setup wizardに従って設定。初回は自動で Settings>Open the server wizard が起動する。 Open the server wizard 3/5 choice画面では、"Auto"を選択。4/5 Automatic画面右上サーチアイコンをタップ。ここで繋がらなかったらファイアウォールプログラム接続許可の設定が必要。 左上にアドレスが表示されたらタップして、Name, User, Passwordを入力。Addをタップ。使用開始。
  • foobarCon
    • https://sites.google.com/site/foobarcon/
    • GooglePlayからFoobarConアプリをインストール後、順序に従って設定。foobarConホームからfoobarCon component setup (foobarCon_0.97.28-fc.exe)ダウンロード、ダブルクリック。foo_foobarCon.dllコンポーネント、\foo_httpcontrol_data\foobarConフォルダがインストールされる。 Preferences > Tools > HTTP Control (or FoobarCon)での設定。foobar2000起動。Android側でBrowser起動。 アドレスに自分のIP:8888(e.g. 192.168.11.10:8888)を入力し、ユーザー名、パスワードを入力、テンプレート選択。foobar2000\foo_httpcontrol_data\foobarCon\nocover_1.png を用意しておくとNocover画像が表示される。
    • FAQ & Tips - How to listen to streaming audio on devices through upnp renderer
  • FooMote - Foobar Remote
Windows Phone > foobar2000

UPnP/DLNA Renderer, Server, Controller