#contents

#imgr(./snaps/advanced.jpg);

*注意 [#e91322af]
-わからない場合はいじらないこと
-すべての項目は 右クリック>Reset でデフォルトの値に戻すことができる
-ページ全体をデフォルトに戻したいときは下部の Reset Page

*Decoding [#ie86e1c9]
-Additional correction file folders: <empty>
-Tone/sweep sample rate : 44100
*Display [#q9584320]
**Default User Interface [#o5f07aba]
-Close minimizes
-Main window transparency
--Transparency(%)
--Only when inactive
-Use smooth scrolling

**Legacy title fomatting settings (deprecated, provided for compatibility with old components only) [#o1d44fd4]
-Notification area icon tooltip : %title
-Copy command : [%list_index%. ][%artist% - ]['['%album%[ CD%discnumber%][ #%tracknumber%]']' ]%title%
-Status bar : %codec% %bitrate%kbps %samplerate%Hz %channels%'   ¤   '%playback_time%[ / %length%]
-Main window title : [%artist% - ]['['%album%[ CD%discnumber%][ #%tracknumber%]']' ]%title%
-Playlist : %list_index%. [%album artist% - ]['['%album%[ CD%discnumber%][ #%tracknumber%]']' ]%title%[ '//' %track artist%]$tab()%length%


**Autocomplete fields [#wb313caf]
-標準では、ARTIST+ALBUM ARTIST+COMPOSER+PERFORMER;GENRE

**Mouse wheel : [#r1adab11]
-scroll the object below the pointer rather than the object having keyboard focus

**Properties Dialog [#t8f96b6e]
-Multiline Fields:
--複数行にわたって値を持つフィールドを入れておくとよい(comment, lyrics, review など)。Properties の値をシングルクリックしたときに出る編集領域が縦に伸びる。領域内で改行させるには CTRL+ENTER。
--シングルクリック編集の利便性を上げるためだけの設定なので、ここにないFIELDでも、Properties のFIELD名をダブルクリックして複数行の値を書き込めば、複数行の値を持たせることができる。
-Multivalue Fields:
--複数の値を持たせるフィールドを入れる (artist, genre, performer など)。
--実際に Properties で複数の値を持たせるには、
 rock; pop; world
のように、'; ' (セミコロン+半角スペース)で区切って入力する。
--Multiline Fields とは異なり、ここにないFIELDに、'; ' で区切って値を複数入力しても、複数の値とはみなされないので注意((A;Bという一つの値と認識される。FIELD名をダブルクリックしたときに出る編集ウィンドウの下部、「use ; character to separate multiple value」がグレイアウトしているはず))
//--複数行の値を' ; 'で区切って Multivalue にすることも可能だが、表示が制限される場合が多いので注意((たとえば Title formatting>Main window titleで使用した場合、複数個値が存在しても、一個目の値の一行目+(...)の形になる))
--Title Formatting でそのFIELDを使用した場合、
 rock, pop, world
とカンマで区切って表示される。特定の値だけほしい場合は $meta(FIELD,n)を使用すればよい。くわしくは[[Title Formatting Help Function>Title Formatting Help Function#ncaa9fdb]]を参照のこと。
--[[Album List>Album List 解説]], [[Playlist Tree>General#sf384c01]], [[Music Browser>Music Browser 解説]] などからは %<FIELD>% で個々の値にアクセスできる
-Standard Field:
--Properties で通常表示させるField。「FIELD名(単なるラベル)=FIELD」の形で入力する。よく使うFIELDはここに入れておくと便利。ここにないFIELDは、Properties 画面下部に <FIELD> のように表示される。
//--Propertiesタブ の Technical info Field には反映されない((ENC_DELAYなど))
-Title Display Format:
--Properties ウインドウのタイトル

**Standard sort patterns : [#y91a1ff4]
-file path=%path_sort%;artist=%artist%|%date%;album=%album%|%discnumber%|%tracknumber%;track number=%discnumber%|%tracknumber%;title=%title%


**VBR bitrate updates per second: [#uf698de4]
-VBRビットレート表示の一秒間での更新回数。初期値は2。

**Albumart [#v45b6dfd]
-Maximum external art size (MB) : 8
-Embedded vs external
--Prefer larger
--Prefer external
--Prefer embedded

*Networking [#w0c207a3]

**Allow seeking over HTTP [#i0cb4e4b]
-HTTPストリーミング再生でもシーク可能にする。
**Keep reconnecting dropped connections for (seconds) : [#p1f59826]
-10
**Suppress HTTPS certificate checks for domains : [#f8643961]
-example.com,subdomein.example.com


*Playback [#id2bc8d1]
**Full file burrering up to (kB) : [#bebf7998]
-初期値 0 : 指定したサイズ以下のファイルは演奏開始時にファイル全部をメモリ上に読み込む。転送がデコードに間に合わずに音飛びしてしまうようなデバイスで使用する。
**Show error message popups [#idec0800]
-デコードエラー発生時や、再生ファイルが存在しないときにconsoleをポップアップする。
**Shuffle [#qd78f320]
-Album grouping pattern :
--%album artist% | %date% | %album% : どのような基準でalbumのグループを分けるか設定する。Shuffle (albums) で利用される。
-Album sortting pattern :
--%discnumber% | %tracknumber% | %title% : Album 内のトラックのソートを設定する。Shuffle (albums) で利用される。
---通常、Shuffle (albums) は、
 アルバムA - #01 > アルバムA - #02 > ...... 
 > アルバムB - #01 > アルバムB - #02 > .....
のように再生されるが、ここを適当に設定する(例: $rand())ことによって、
 アルバムA - #01 > アルバムA - #07 > ......
 > アルバムB - #03 > アルバムB - #08 > .......
のように、アルバム内でもシャッフルを行えるようになる。

**Verify integrity of played tracks and report errors immediately [#u6277719]
**Volume step (dB) : [#d7675624]
-1.0 : キーボードから音量変更をする際の調節幅

//**Fading [#g935b1e3]
//-Fade on seek (ms): シーク時のフェード時間
//-Fade out (ms): フェードアウト時間
//-Fade on pause (ms): ポーズ時のフェード時間

//**Full file buffering up to [#s143407d]
//-指定したサイズ以下のファイルは演奏開始時にファイル全部をメモリ上に読み込む。転送がデコードに間に合わずに音飛びしてしまうようなデバイスで使用する。

//**Show Error messeges popups [#b025589d]
//-デコードエラー発生時や、再生ファイルが存在しないときにconsoleをポップアップする。

//**Shuffle [#r37535d7]
//-Album grouping pattern:
//--どのような基準でalbumのグループを分けるか設定する。Shuffle (albums) で利用される。
//-Album sorting pattern:
//--album 内のトラックのソートを設定する。Shuffle (albums) で利用される。


**Thread priority [#z53f82fa]
-Thread priority(1-7) : 7
-Use MMCSS
-MMCSS mode : Audio
--演奏スレッドの優先度を指定する。foobarの負荷が高すぎてマウスカーソルの動きがぎこちなくなってしまうようなとき以外は 7 のままにしておくこと。

**Prevent hard disk sleep while playing [#aea191aa]


//**Volume step [#ec202748]


---

*Tagging [#e05239fa]

**MP3 [#cdbcb3df]

-ID3v2 revision and quirks
--Write ID3v2.3 tags (more compatible)
--Write ID3v2.4 tags (less compatible)
--Use padding (faster tag updates, may be incompatible with buggy software)
--Map TPE2 to Album Artist (more compatible)
--Write compatible date frames (non-standard-compliant)
--Write rating as TXXX (less compatible)
-Tag writing scheme for untagged files
--ID3v2 + ID3v1
--ID3v2
--APE + ID3v1
--APE
--タグの書き込み形式
---ID3v2 + ID3v1 : 互換性が最も高い
---ID3v2 : それなりに互換性が高い
---APE + ID3v1 : ID3v1で互換性が若干あり
---APE : 互換性がほとんどない

//-Force Preferred Tag Writing Scheme...:
//--現在のタグ形式を無視し、編集時に下(Preffered Tag Writing Scheme)で選んだ形式ですべてのタグ情報を書き直す
//---チェックなし: APEv2で保存されている場合、下でID3v2を選んでも新しく書き込まれるのはAPEv2タグとなる
//---チェックあり: APEv2で保存されている場合、下でID3v2を選ぶと、編集時にすべてのタグがID3v2形式に変換される
//-Preferred Tag Writing Scheme:

//-ID3v2 Writer Compatibility Mode...:
--ID3v2使用時にID3v2.3 (UTF-16)で書き込む。デフォルトはID3v2.4 (UTF-8)。他のプレーヤーや、タグエディタでタグの表示に問題が出るときにはチェックを入れておくとよい。その際、対応していないID3v2.3フィールドは編集時に消去されるので注意
---対応しているフィールドは[[対応ID3v2.3フレーム表>ID3v2 tag support つかいかた#h4ffa84d]]を参照のこと
---消さずにv2.3にしたい場合は、一旦v2.4で保存し、それを読めるアプリ(([[Mp3tag>http://www.mp3tag.de/en/]] など。foobar2000でも可能だが、バイナリデータをサポートしていないなど、都合の悪い点があるので、あまりお勧めできない))でリライトするしかない。Shift-JIS で書き込みたいときも同様。

**MP4 [#sf629085]

-Tag location
--Beginning of file
--End of file
---タグを格納する位置

**Vorbis & FLAC [#l8d185fd]
-Metadata writing mode:
--More compatible with various software - ALBUMARTIST, TRACKTOTAL, DISCTOTAL
--Compatible with old foobar2000 versions - ALBUMARTIST, TOTALTRACKS, TOTALDISCS

*Tools [#u92644dd]

**CD Ripper [#t3b21dc3]
-Automatically look up metadata for untagged CDs

**Converter [#i45bbc78]
-Additional command-line encoder path:
-- <empty>
-Enable Ogg stream chaining support
-Read size (MB):
--初期値 : 16
-Show transcoding warnings
--lossy>lossy または lossy>lossless の変換時に warnings を表示する
-Thread count (0 = autodetect):
--初期値 : 0
-Thread priority (1-7):
--初期値 2 : 変換の優先度

//**Playback statistics [#a8d35c38]
//-Automatically synchronize file tags with statistics (causes file rewrites during playback,disrecommended)
//--foobar2000.cfg に保存されている再生情報とファイルのタグを自動で同期させる((コンテキストメニュー>Playback Statistics>Syncronize Statictics with File Tags の機能))。ファイルの更新はカウント時((再生から60秒後(以下のファイルは再生終了時) ))、つまり再生中に行われるので、場合によっては不安定になる可能性がある。
//--ファイルに追加されるFIELDは
// PLAY_COUNT, FIRST_PLAYED_TIMESTAMP, LAST_PLAYED_TIMESTAMP
//--このcomponentの仕様上、同期の対象となるのはMedia Libraryのファイルのみ
//--Cue+***のような形式には不可、Cue埋め込み型か単一ファイルに限る

**ReplayGain Scanner [#jf412ef0]
-Album grouping pattern
--どのような基準でalbumのグループを分けるか設定する。この設定は分析時の"Scan Selection As Albums (by tags)"で利用される。
-Album grouping pattern :
--%album artist% | %date% | %album% : どのような基準でalbumのグループを分けるか設定する。この設定は分析時の"Scan Selection As Albums (by tags)"で利用される。
-Fail when peak value exceeds :
--初期値 20
-Peak scan oversample factor :
--初期値 1
-Quiet mode
--分析結果のウィンドウを表示しない
-Thread priority
--スキャンの優先度
-Read size (MB) during multithreded scan :
--初期値 8
-Thread priority (1-7) :
--初期値 2 : スキャンの優先度
-File content alteration
--Only increase volume
--Prevent clipping
--Show warnings
--Target volume level (dB) :
---初期値 89 基準
-Results dialog: advanced formatting of peak values

**Search Filters [#we82af21]
-Simple search - exclude files :
--CUESHEET;LOGFILE
-Simple search - restrict to fields :
--<empty>

**Prevent machine standby during time-consuming tasks [#jbba5a2d]
**Indude hidden files & subfolders when adding whole folders [#ddd14a3f]
**Supperess bad shutdown dialog on startup [#ia406b08]

*Updates [#ndb2394b]
-Check for beta versions of foobar2000 when running a stable version

IP:220.108.66.204 TIME:"2016-01-18 (月) 21:13:30" REFERER:"http://foobar2000.xrea.jp/index.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/47.0.2526.106 Safari/537.36 OPR/34.0.2036.47"