#contents

*コレ何? [#ec06c316]
アルバムジャケットなどの画像を表示するパネル

*導入方法 [#zf0f6823]
※Columns UI が必要です (参考:[[Columns UI 解説]])
+Preferences - Display - Columns UI から、右側の Layout タブを選択
+Album Art Panel を挿入したいスプリッタを右クリックし、Insert Panel - Panels - Album Art を選択

#imgr(./snaps/up195.png);

*Album Art Panel Preferences [#m9f3092e]
パネルを右クリック - Preferences もしくは Preferences - Display - Album Art Panel

**Display [#e487a069]
#imgr(./snaps/up196.png);
***Resizing Options [#u63bb683]
-Center album cover art in panel: パネルの中央に画像を表示
-Expand album cover art fit panel: パネルに合わせて拡大
-Shrink album cover art fit panel: パネルに合わせて縮小
-Maintain aspect ratio: 縦横比の維持
-Resizing quality: サイズ変更の品質(低|中|高|最高)

***Panel Options [#e4927d52]
-Minimum panel height: パネルの高さの下限
-Padding: 上下左右の余白
-Edge style: パネルの枠の形式(なし|影付き|つや消し)

***Colors [#pf4a5d48]
-Background: 背景色
-Draw pixel border: 画像に枠を付ける / 色の設定

**Behaviour [#s5b546c2]
#imgr(./snaps/up197.png);

***General [#vcf51697]
-Album cover art follows cursor even when playing: 再生時もカーソルに合わせて画像を変更
-Enable fading transition: 画像のフェードアウト / 所要時間(ms)
-Cycle sources during playback: 再生中の画像切り替え / 表示時間(s)
--Skip no-cover images while cycling: 切り替え中に「画像が無いよ」画像をスキップ
-On track change, revert to first source: トラック変更時、最初のソースに戻す(戻さない|常に戻す|画像を変更できる場合のみ)

***Mouse Functions [#xe9f41a2]
-Left click function: 左クリックでの挙動
-Middle click function: ホイールクリックでの挙動
-Double Click function: ダブルクリックでの挙動
--Disabled: なし
--Open in external viewer: Windows既定のビュアーで表示
--Open Directory: 音楽トラックのフォルダを開く
--Toggle follow cursor: プレイリストビューで選択したトラックの画像を表示
--Focus playing: プレイリストビューで再生中のトラックにカーソルを合わせる
--Refresh: 画像の再表示
--Next source: 次のソースで検索して画像を表示
--Previous source: 前のソースで検索して画像を表示
--First source: 最初のソースで検索して画像を表示

**Sources [#ub2232ff]
#imgr(./snaps/up198.png);

***Sources for album cover art images [#dec43f39]
-Help: Album Art Panel wikiページ (英語) を開く
-Add: 新規設定
-Remove: 設定削除
-Move Up: 設定を上へ
-Move Down: 設定を下へ
-Reset: リセット

***Debugging [#v9690d7b]
思うように画像が表示できない場合に使用。(ツールバー - View - Console で「コンソール」を表示できる)
-Output preformatted sources to console: コンソールに検索しているファイルパターンを表示
-Copy sources list to clipboard: クリップボードにソースリストををコピー

*コンテキストメニュー [#d1e5dcb4]
-Open in external viewer: Windows既定のビュアーで表示
-Open Directory: 音楽トラックのフォルダを開く
-Toggle follow cursor: プレイリストビューで選択したトラックの画像を表示
-Focus playing: プレイリストビューで再生中のトラックにカーソルを合わせる
-Refresh: 画像の再表示
-Next source: 次のソースで検索して画像を表示
-Previous source: 前のソースで検索して画像を表示
-First source: 最初のソースで検索して画像を表示

*Source List 設定例 [#f3cf488a]
設定には[[Title Formatting Help]]を参照のこと。
'-' で始まる行は、それ以前の行とグループ化されます。'-' が無い行は、新たなソースグループの開始行になります。初期設定では三行で一つのグループになります。

<pre>
$replace(%path%,%filename_ext%,)* // 画像が見つかれば二行目以降は検索しない
-$replace(%path%,%filename_ext%,)..\* // 画像が見つかれば三行目以降は検索しない
--components\default.*
</pre>
 $replace(%path%,%filename_ext%,)* // 画像が見つかれば二行目以降は検索しない
 -$replace(%path%,%filename_ext%,)..\* // 画像が見つかれば三行目以降は検索しない
 --components\default.*

'--' は「画像が無いよ」画像を表示するために使います。「画像が無いよ」画像は、検索しても画像が見つからない場合のデフォルト画像になります。画像の自動切り換えが有効になっている場合、「画像が無いよ」画像はスキップされます。

ワイルドカードの '*' は一つ以上の文字の代わりに使われます。同じく '?' は一文字の代わりに使われます。例えば初期設定の一行目では、音楽トラックと同じフォルダのあらゆる画像を検索します。Album Art Panel では、最初にマッチした画像を表示します。ファイルネームに使うことができない文字は、ワイルドカード '?' に置き換えられます。

グループの開始行ではマッチする画像が無い場合、同じグループの次の行で検索を行います。それでも見つからない場合、初期設定では components フォルダの default.* の画像を表示します。
ソースグループに表示できる画像が見つからない場合、次のソースグループを検索します。どのソースグループにも見つからない場合には、画像は表示されません。

初期設定では音楽ファイルと同じフォルダにある画像を検索し、見つからない場合には一つ上のフォルダを検索し、さらにcomponentsフォルダ内のdefault.*を検索します。
同一グループ内で最初にマッチした画像だけが表示されますので、複数の画像を表示させたい場合には、その分だけグループを設定する必要があります。

下記のように設定した場合、音楽ファイルと同じフォルダにあるアルバムタイトル_fc.jpgを表示し、切り替えるとアルバムタイトル_bc.jpgを表示します。
<pre>
$replace(%path%,%filename_ext%,)%album%_fc.jpg
$replace(%path%,%filename_ext%,)%album%_bc.jpg
</pre>
 $replace(%path%,%filename_ext%,)%album%_fc.jpg
 $replace(%path%,%filename_ext%,)%album%_bc.jpg

**Tips [#w6cf2afb]
-v0.2より、同時に複数のAlbum Art Panelを使うことができるようになった
-パネルのレイアウトを変更すると設定が消えてしまうので、Copy sources list to clipboardでメモ帳(テキストエディタ)などにコピペしてからレイアウトを変更すること
-一行で複数の画像がマッチする場合には、ファイルネームを昇順でソートして最初の画像が表示される
-マッチしたすべての画像を表示したいときには Album art panel feat. Matroska を利用する

* Album art panel feat. Matroska [#s5675fe5]
Matroska に格納されたアルバムアートの表示を可能にした改造版。

*** 設定項目の違い [#y27a7ae2]
-Preferences - Behaviour - General
--Revert to first source when current source would result in different display: 音楽トラックが切り替わった際に、現在表示している画像とは違う画像を表示することになる場合、最初のソースに復帰する
--Use slide effect on Next/Previous source: 画像が切り替わる際にスライドアニメーションする
-'--' で始まる「画像が無いよ」画像表示は機能しない

*** feat.Matroska 独自機能 [#r54ec9b7]
-Matroskaコンテナの画像を表示する
-音楽ファイルと一緒に圧縮した画像ファイルを表示する(ワイルドカード不可) ※[[Archive reader>General#le398b23]](foo_unpack.dll)が必要
-一行で複数の画像にヒットする場合、その全ての画像を切り替えて表示する
<pre>
$replace(%_path%,%_filename_ext%,)*.* // 音楽ファイルと同じフォルダに置かれた画像を全て表示する
matroska:cover*.* // Matroskaコンテナの画像を表示
archive:cover.jpg // 書庫(圧縮ファイル)内のcover.jpgを表示
archive:image/cover.jpg // 書庫内のimageフォルダに置かれたcover.jpgを表示(フォルダの区切りが '/' であることに注意)
</pre>
 $replace(%_path%,%_filename_ext%,)*.* // 音楽ファイルと同じフォルダに置かれた画像を全て表示する
 matroska:cover*.* // Matroskaコンテナの画像を表示
 archive:cover.jpg // 書庫(圧縮ファイル)内のcover.jpgを表示
 archive:image/cover.jpg // 書庫内のimageフォルダに置かれたcover.jpgを表示(フォルダの区切りが '/' であることに注意)

IP:58.94.173.95 TIME:"2016-02-15 (月) 21:41:48" REFERER:"http://foobar2000.xrea.jp/index.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:44.0) Gecko/20100101 Firefox/44.0"