#contents

*エンコード方法 [#naca6951]

ファイルのエンコードはプレイリストのコンテキストメニュー - Convert から行います。

**コンテキストメニュー一覧 [#vbce6af0]

-''Convert to...''
--出力するフォルダを指定して変換。フォルダを作成することもできる。
-''Convert to same directory''
--変換元ファイルと同じフォルダに出力して変換。フォルダを作成することもできる。
-''Convert to single file''
--単一のファイルに変換する。
-''Convert to album images with cuesheets or chapters''
--チャプター([[内部cueシート形式>foobar2000とcueシート#c07a2517]] または [[ogg コンテナの chained stream 形式>foobar2000とcueシート#y2dd1b1c]])によるアルバムイメージに、チャプターに対応していないフォーマットの場合は音楽ファイル + cue によるアルバムイメージに変換
//【タグ(%album%等)を使わなければ作成可能な為コメントアウト】--%album% が異なるトラックを単一の wav + cue にすることや、チャプターで作られるファイルを cueシート方式で作成することができない。[[作成方法>#ef032bf9]]
-''Generate previews''
--プレビューの生成。具体的には一曲ずつ曲の一部分をランダムに抽出して単一のファイルを作成する。試聴用ファイルを作成すると考えたほうが分かりやすいかも。

どれか一つを選択すると [[Converter Setup>#v6f2ec00]] が起動します。

*Converter Setup [#v6f2ec00]

**Encoding Preset [#geeadba8]

エンコードするファイル形式の選択。エンコーダーは[[Diskwriter 解説>Diskwriter 解説#xe181460]]を参考にしてダウンロードしてください。

-''FLAC''
--''Compression Level''(圧縮レベル) : 左に行くほどエンコード速度は速くなるが、ファイルサイズは大きくなる。右はその逆。
-''MP3 (LAME)''
--''Quality'' : 左に行くほどファイルサイズは小さくなるが、音質は一般的に悪くなる。右はその逆。
--''Fast Mode (--vbr-new)'' : チェックを付けるとエンコード速度は速くなるが、ファイルサイズは大きくなる。
-''MP4 (Nero)''
--''Mode''
---''Target Quality (VBR,recommended)'' : 設定した '''Quality''' を参考にしてエンコードする。基本的に音質は VBR > ABR > CBR という順番で良いため、よくわからなければ Mode はとりあえずこれを選んでおく事を推奨する。
---''Target Bitrate (ABR)'' : 設定したビットレートが曲全体の平均ビットレートとなるようエンコードする。
---''Target Bitrate (ABR,two-pass,slow to encode)'' : 2パスエンコード(1回目でコンテンツの分析を行い、2回目で1回目の分析に基づいた適切な圧縮を行う方式)かつ、ABR方式でエンコードする。通常のABR方式に比べて音質は良くなるが、時間がかかる。
---''Target Bitrate (CBR,for streaming use)'' : ビットレートを固定してエンコードする。ストリーミング目的でMP4を使うならばこれを選択する。
--''Quality'' : 左に行くほどファイルサイズは小さくなるが、音質は一般的に悪くなる。右はその逆。
--''Download Free Nero Digital Audio Encoder'' : MP4のエンコーダーの一つである free Nero Digital Audio Encoder をダウンロードする。
-''Musepack''
--''Quality'' : 左に行くほどファイルサイズは小さくなるが、音質は一般的に悪くなる。右はその逆。
-''Ogg Vorbis''
--''Quality'' : 左に行くほどファイルサイズは小さくなるが、音質は一般的に悪くなる。右はその逆。
-''WAV''
--2GB以上になるとおかしなファイルを吐くので使用を推奨しない。
-''WavPack''
--''Compression Level''(圧縮モード) : 左に行くほどエンコード、デコード速度は速くなるが、ファイルサイズは大きくなる。右はその逆。
--''Additional Processing''(エンコード速度の設定) : 左に行くほどエンコード速度は速くなるが、ファイルサイズは大きくなる。右はその逆。デコード速度には影響しない。
--''Hybrid Lossy Mode''(ハイブリッドモード) : ハイブリッドモードとは、非可逆エンコードデータとその差分データを作成し、可逆品質か非可逆品質のどちらでも再生できるようにするというもの。例えば差分データと非可逆エンコードデータを同じディレクトリに置き、非可逆エンコードデータを再生すると可逆品質となる。
--''Enabled'' : チェックを入れると有効になる。
--''Create correction file''(差分ファイルを作成) : チェックを入れると、非可逆エンコードデータと差分ファイルを一緒に作成する。チェックを入れなければ非可逆エンコードデータのみを作成する。
--''Bitrate'' : 非可逆データのビットレート。左に行くほどファイルサイズは小さくなるが、音質は一般的に悪くなる。右はその逆。
-''Custom'' : MP3 を CBR でエンコードするなど、パラメーターを詳細に設定する場合にはこの Custom を利用する。[[プリセット例>Diskwriter 解説#xe181460]]を参照のこと。
--''Encoder'' : 外部エンコーダーのファイルパス
--''Extension'' : 保存するファイルの拡張子
--''Parameters'' : パラメーター、コマンドラインオプション
--''Bit Depth Control'' : ビット精度の制御
---''Format is'' : フォーマット
---''highest BPS…'' : 最大ビット数
--''Display Info'' : 「エンコードのプリセット」上での表示名。自分が分かりやすいよう自由に設定すればよい。
---''Encoder name'' : エンコーダーの名前
---''Bitrate (kbps)'' : ビットレート。値が無い場合は空白で良い。
---''Settings'' : エンコードの種類。

**WMA for Windows Media Encoder 9 [#l6f6e7a6]

WMA9でエンコードする設定。OSが32ビットか64ビットかによって設定が違うので注意。
32ビットOSでは、[[Windows x86 (32bit OS) Windows Media エンコーダ 9 シリーズ>http://search.microsoft.com/results.aspx?mkt=ja-JP&setlang=ja-JP&q=Windows+Media+%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%80+9+%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA+]]、
64ビットOSでは、[[Windows x64 (64bit OS) Windows Media Encoder 9 Series x64 Edition>http://search.microsoft.com/results.aspx?mkt=ja-JP&setlang=ja-JP&q=Windows+Media+Encoder+9+Series+x64+Edition]] をインストールする。(([[64bit環境での問題について>FAQ#u6f47919]]))

***32ビットOS での設定 [#c1890401]
--''Encoder'' : Windows Media エンコーダ 9のインストールフォルダ内の wmcmd.vbs を選択する。
例: C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\wmcmd.vbs
--''Extension'' : wma
--''Parameters'' : [[パラメーター・プリセット例>Diskwriter 解説#hb296fac]]。コマンドプロンプトから cscript.exe wmcmd.vbs /? でパラメーターオプションを見ることができます。
例: -silent -a_codec WMA9STD -a_mode 2 -a_setting Q90_44_2 -input %s -output %d
--''Bit Depth Control''
---''Format is'' : lossy
---''highest BPS mode supported'' : どれでも
--''Display Info'' : Convert上の表示名。自分でわかりやすい表示名を、空白でも可。
--''Encoder name'' : エンコーダーの名前
--''Bitrate (kbps)'' : ビットレート
--''Settings'' : エンコードの種類

***64ビットOS での設定 [#ff05b161]
--''Encoder'' : Windows system32 フォルダ内の cscript.exe を選択する。
例: C:\Windows\system32\cscript.exe
--''Extension'' : wma
--''Parameters'' : Windows Media エンコーダ 9のインストールフォルダ内の wmcmd.vbs を選択し " で囲む。
例: "C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\WMCmd.vbs"
---[[パラメーター・プリセット例>Diskwriter 解説#hb296fac]]。コマンドプロンプトから cscript.exe wmcmd.vbs /? でパラメーターオプションを見ることができます。
例: -silent -a_codec WMA9STD -a_mode 2 -a_setting Q90_44_2 -input %s -output %d
---組み合わせ例: "C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\WMCmd.vbs" -silent -a_codec WMA9STD -a_mode 2 -a_setting Q90_44_2 -input %s -output %d
--''Bit Depth Control''
---''Format is'' : lossy
---''highest BPS mode supported'' : どれでも
--''Display Info'' : Convert上の表示名。自分でわかりやすい表示名を、空白でも可。
--''Encoder name'' : エンコーダーの名前
--''Bitrate (kbps)'' : ビットレート
--''Settings'' : エンコードの種類
-''参考'' : [[Windows 10 64bit で、WME9 Series x64 Edition を使う方法>http://foobar2000.xrea.jp/index.php?FAQ#u6f47919]]
-''参考'' : [[Windows 10 64bit で、WME9 Series x64 Edition を使う方法>FAQ#u6f47919]]

**ReplayGain Processing [#k471e938]

[[リプレイゲイン>Replaygain つかいかた]]適用後のボリュームにノーマライズする。
-''Source mode''
--''none'' : ファイルのReplaygain情報を無視する。すなわち、Processingでapply gainを選んだ場合はPreampのWithout RG Infoの値を利用する。
--''track'' : Trackgain情報を利用する。
--''album'' : ファイルにAlbumgain情報が記録されていればAlbumgain情報を、Trackgain情報しか記録されていなければTrackgain情報を利用する。
-''Processing''
--''none'' : 何もしない。
--''apply gain'' : Replaygain情報を演奏に反映させる。
--''apply gain and prevent...'' : apply gain後でもクリップするファイルではピーク情報を利用してクリップしなくなるまでさらに音量を下げる。
--''prevent clipping...'' : ピーク情報を利用してクリップしなくなるまで音量を下げる。クリップしていない音楽ファイルには何もしない。
-''Preamp''
--''With/Without RG info'' : Replaygainしたファイルとしていないファイルが混在している場合、Replaygainしたファイルの音量が相対的に小さくなるので、"File without RG info" を5~10dBほど下げるとバランスがとれる。

**DSP Processing [#g1a8d5d2]

作成するデータを[[DSP>DSP manager 解説]]処理する。
-''Don't Reset DSP between tracks'' : トラック間でDSPをリセットしない。Continuator などのファイルにまたがって効果を生む DSP を使用するときにチェックを入れる。

**When Done [#hcb563bc]

変換終了後の処理
-''ReplayGain-scan output files as albums'' : 出力したファイルを %album% タグごとに分類して Album Replaygain スキャンする。wav + cue に変換した場合には wav ファイルに Replaygain を書き込もうとするため機能しない。

**Preview Generation (Generate previews を選択した場合のみ) [#x6902cdf]

プレビュー時間の設定
-''Album Percentage'' : パーセントを基準にする。
-''Fixed Track Length'' : 長さを基準にする。

低い値にするとプレビューされない曲が出てくることがあります。

**More Setting [#c5f5c21e]

[[Preferences - Converter>#l34ae9fd]] を表示

*Converter の設定 [#l34ae9fd]

Preferences > Converter、または Encoding Preset の「More Setting」から選択します。

**Output File Names [#pac241cd]

コンテキストメニューで選択した形式ごとに個別に出力ファイル名を設定できます。'''%list_index%'''はその曲がプレイリストの何番目にあるかを返します。設定方法は[[Title Formatting>Title Formatting Help]]を参考にしてください。
-''Single tracks''
--"Convert to..." もしくは "Convert to same directory" で出力されるファイル名。バックスラッシュを使って自動でフォルダを作成するようにできる。一曲だけを変換する場合、フォルダは作成されません。
:設定例|
$if2(%album artist%,Unknown Artist)\$if2(%album%,Unknown Album)\['Disc' %discnumber%\][%tracknumber%. ][%track artist% - ]%title%
-''Album images''
--"Convert to single file" もしくは "Convert to album images with cuesheets or chapters" で出力されるファイル名。
-''Previews''
--"Generate previews" で出力されるファイル名。
-''<file name preview>''
--出力ファイル名のサンプル表示。

**Encoding Presets [#y9b91433]

エンコードオプションの設定を行います。
-''Edit'' : 一覧から選択したプリセットの編集。
-''Add new'' : プリセットの新規追加。
-''Remove'' : 一覧から選択したプリセットの削除。

**Output Bit Depth [#rf263954]

出力する不可逆圧縮ファイルのビット深度に関する設定です。よく分からない場合は変更しないでください。
-''Preferred bit depth''(ビット数の指定) : 優先するビット深度を設定。MP3 や Ogg Vorbis などの定まったビット深度が存在しないファイルを可逆圧縮する場合にここで設定したビット深度で出力する。
-''Dither'' : ディザー処理の設定、never を推奨します
--''never'' : 使用しない
--''only lossy sources'' : 非可逆ソースのみで使用
--''always'' : 常に使用
-''Keep lossless sources at original bit depth''(オリジナルのビット数を維持する) : 変換元ファイルのビット深度のままエンコーダーに渡す

*Converter: Foobar2000 wiki [#va914c68]

-[[Foobar2000:Preferences:Converter>http://wiki.hydrogenaudio.org/index.php?title=Foobar2000:Preferences:Converter]]
-[[Foobar2000:Converter>http://wiki.hydrogenaudio.org/index.php?title=Foobar2000:Converter]]
-[[v1.1 Converter Setup dialog>http://wiki.hydrogenaudio.org/index.php?title=Foobar2000:Converter#Converter_Setup_dialog]]

*FAQ [#o52037de]
-You are about to transcode from a lossy format to lossless/hybrid. … 
--非可逆 → 可逆 の変換をするときに表示される。この文は、「この変換を行うとファイルサイズが増えるだけで、音質が向上するわけではありません。変換してよろしいですか?」という意味。[[Advance>converter>#i45bbc78]] からこのメッセージを表示しないようにすることができる。
-You are about to transcode from a lossy format to another. … 
--非可逆 → 非可逆 の変換をするときに表示される。この文は、「この変換を行うと元ファイル(CDなどの非圧縮の音源)に比べて音質が大幅に低下します。変換してよろしいですか?」という意味。[[Advance>converter>#i45bbc78]] からこのメッセージを表示しないようにすることができる。

*Cuesheet Creator 解説 [#ef032bf9]

//【タグ(%album%等)を使わなければ作成可能な為コメントアウト】Convert to album images with cuesheets or chapters では、%album% が異なるトラックを単一の wav + cue にすることができません。Convert to single file で単一の wav に変換し、別途 [[Cuesheet Creator>http://foobar2000.xrea.jp/index.php?General#l79b9a04]] で cue シートを作成します。
//【タグ(%album%等)を使わなければ作成可能な為コメントアウト】Convert to album images with cuesheets or chapters では、%album% が異なるトラックを単一の wav + cue にすることができません。Convert to single file で単一の wav に変換し、別途 [[Cuesheet Creator>General#l79b9a04]] で cue シートを作成します。

**導入 [#g4f03197]

http://tmp.reharmonize.net/foobar/ から最新の foo_cuesheet_creator_x.x.x.zip をダウンロードして解凍後、foo_cuesheet_creator.dll を components フォルダに入れます。

**使い方 [#db1916ab]

cue シートを作成したいトラックを選択し、コンテキストメニュー - Utils - Save as cuesheet... をクリック。ファイルの種類を Album Image Cuesheet として保存します。文字コードは UTF-8 または ANSI (Shift_JIS) のいずれかを選択します。
作成される cue シートは参照するファイルが 'FILE "CDImage.wav" WAVE' となっていますので、適宜書き換える必要があります。ファイルの種類を UTF-8 / ANSI Cuesheet とした場合には、個別の音楽ファイルを参照する形式で cue シートが作成されます。

***Tips [#t075156b]

サンプリングレートが異なるファイルを単一の wav に変換することはできません。

IP:121.116.100.69 TIME:"2016-01-27 (水) 20:34:21" REFERER:"http://foobar2000.xrea.jp/index.php?cmd=edit&amp;page=Converter%20%E8%A7%A3%E8%AA%AC" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:44.0) Gecko/20100101 Firefox/44.0"