#author("2017-12-31T13:22:59+09:00","","")
#author("2017-12-31T13:25:56+09:00","","")
#contents

**一般フォーマット [#b7e36ee2]

***Standard input array [#d65489b9]
:ファイル名|
foo_input_std
:概要|
インストーラに含まれる標準 Input コンポーネント。
:対応フォーマット|
MP1 / MP2 / MP3 / MP4 / MPC / AAC / Ogg Vorbis / FLAC / Ogg FLAC / WavPack / WAV / AIFF / AU / SND / CDDA / WMA / ALAC
:備考|
WMA のタグの書き込みは、v0.9.4 beta3 以降で対応。
:エラーメッセージ|
--ERROR (foo_input_std) : referenced file doesn't exist
---cue シートの参照元ファイルが存在していない。cue シートをエディタで開いて、FILE 行でファイルが正しく参照されているか確認すること。
--ERROR (foo_input_std) : MP4: decode error.
---DRM で保護された MP4 / M4A / M4P ファイルで表示されることがある。

***CD Audio decoder [#ob9fb6d9]
:ファイル名|
foo_cdda
:対応フォーマット|
音楽CD
:概要|
インストーラに含まれる CD 再生コンポーネント。
:備考|
音楽 CDは File -> Open audio CD -> ドライブ選択 -> Play or Add Playlist または cda の関連づけから再生する。
ドライブを認識しない場合は Nero ASPI (f tp://ftp6.nero.com/wnaspi32.dll) 又は[[Adaptec ASPI:http://www.adaptec.com/ja-JP/speed/software_pc/aspi/aspi_v471_exe.htm]] を導入する。
//外付けドライブを認識しない場合は、[[USB/IEEE1394 対応の foo_cdda:http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=31906]]を導入する。

***AC3 Packet Decoder [#sdf4298b]
:ファイル名|
foo_packet_decoder_ac3
:URL|
http://dl.matroska.org/downloads/foobar2000/
:対応フォーマット|
AC3 / MKA (AC3 Audio)
:備考|
Matroska コンテナの中の AC3 はこちらを使わないと再生できない。

***AC3 decoder [#ucd00a20]
:ファイル名|
foo_ac3
:URL|
--http://kode54.foobar2000.org/
--http://www.foobar2000.org/components/view/foo_ac3
:対応フォーマット|
AC3
:概要|
米 Dolby 社が開発し、DVD の音声コーデックとしてよく使われる AC3(Audio Code number 3)形式のファイルを再生。

***ALAC Decoder [#v4cf27ae]
:ファイル名|
foo_input_alac
:URL|
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_alac
:対応フォーマット|
M4A
:概要|
可逆圧縮フォーマット ALAC (Apple Lossless Audio Codec)の再生。
:備考|
Version 1.1.10 より ALAC には標準で対応しており(ALAC がオープンソース化されたため)、インストールの必要はない。
//
// 以前はiTunes で作成した MPEG-4 AACファイルをデコードできなくなるバグがあったが、Version 1.0.3以降では解決されている模様。
// なお、Apple 社は ALAC のソースを公開しておらず、このデコーダはリバースエンジニアリングされたソースを基にしていると思われる。(参考:http://craz.net/programs/itunes/alac.html)
// ※2011年10月、Apple 社は ALAC のソースを公開しました。 (参考:http://alac.macosforge.org/trac/browser)

***AVS input [#na7c15fd]
:ファイル名|
foo_input_avs
:URL|
http://forum.doom9.org/showthread.php?p=802749

***MIDI Player [#g0dac5b0]
:ファイル名|
foo_midi
:URL|
--http://kode54.foobar2000.org/
--http://www.foobar2000.org/components/view/foo_midi
:対応フォーマット|
MID
:概要|
ファミコンや MSX の音源をエミュレーションして MIDI を再生する [[Emu de MIDI:http://www.pokipoki.org/dsa/index.php?EMU%20de%20MIDI]] (emidi) による MIDI 演奏が foo_midi 単体で可能。Sound Font (sf2) を使用しての演奏、Sound Canvas VST や Hyper Canvas のようなVSTi (VSTインストゥルメント) を利用することによって MIDI を演奏する事も可能。
:備考|
VSTi は実質、Virtual Sound Canvas VST 専用 (v0.8 系とは異なり DXi から VST に変更) 。Emu de MIDI による MIDI 演奏には約 1GHz 以上の CPU が必要。

***Acro WMA decoder [#uebbda23]
:ファイル名|
foo_input_wmx
:URL|
--http://acropolis.lokalen.org/2006/10/foobar2000/my-foobar2000-components/
--http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1128.7z
:対応フォーマット|
WMA
:概要|
WMA のデコードとタグサポート。

***DTS Decoder (Acropolis') [#g15bc7fb]
:ファイル名|
foo_dts
:URL|
http://acropolis.lokalen.org/2006/10/foobar2000/my-foobar2000-components/
:概要|
DTS デコーダ。

***DTS Decoder [#z99ac6db]
:ファイル名|
foo_input_dts
:URL|
--http://kode54.foobar2000.org/
--http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_dts
:対応フォーマット|
DTS
:概要|
映画館の業務用サラウンドサウンド用に開発され、DVD の音声コーデックとしても使われる[[DTS:http://www.dtsonline.com/]] (Digital Theater Systems) の再生。

***Matroska Plugin [#yb1c6816]
:ファイル名|
foo_input_matroska
:URL|
--http://www.matroska.org/downloads/windows.html
--http://dl.matroska.org/downloads/foobar2000/
--[[Matroska Plugin:http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1049.lzh]]
:対応フォーマット|
MKA / MKV
:概要|
[[Matroska:http://www.matroska.org/]] コンテナに入れた音楽ファイル MKA の再生。日本では割と人気の形式だが、海外では MKV のおまけ程度の認識らしい。
そのためか、なかなか v0.9 対応版が出ず日本人作者が unofficial 版を完成させ、本家 Matroska に正式採用された経緯がある。

***Monkey's Audio [#g9468072]
:ファイル名|
foo_input_monkey
:URL|
--http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_monkey
--[[旧バージョン:http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1057.7z]]
:対応フォーマット|
APE / APL / MAC
:概要|
可逆圧縮フォーマット [[Monkey's Audio:http://www.monkeysaudio.com/]] の再生。

***OptimFROG Lossless Audio Compression [#m40608d4]
:ファイル名|
foo_input_ofr, OptimFROG.dll
:URL|
http://losslessaudio.org/
:対応フォーマット|
OFR / OFS
:概要|
可逆圧縮フォーマット [[OptimFROG:http://losslessaudio.org/]] の再生。

***SPDIF support [#jc4a4201]
:ファイル名|
foo_spdif
:URL|
http://www.ga.cba.pl/
:対応フォーマット|
AC3 / DTS
:概要|
AC3 と DTS の SPDIF パススルーをサポート。[[foo_ac3>#ucd00a20]] や [[foo_input_dts>#z99ac6db]] と併用する場合は、音楽ファイルの拡張子を.spdifにする。
%%上記URLはプロキシを挿すことでアクセス可能。%%

***Shorten decoder [#bbb5c975]
:ファイル名|
foo_input_shorten
:URL|
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_shorten
:対応フォーマット|
SHN
:概要|
可逆圧縮フォーマット [[Shorten:http://www.etree.org/shnutils/shorten/]] の再生。

***TAK Decoder [#m98e23b9]
:ファイル名|
foo_input_tak
:URL|
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_tak
:対応フォーマット|
TAK
:概要|
[[Monkey's Audio:http://www.monkeysaudio.com/]] に迫る圧縮率と [[FLAC:http://flac.sourceforge.net/]] に迫るデコード速度をあわせもった可逆圧縮フォーマット [[TAK:http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=52212]] の再生。
現在はすべてをcompornentsフォルダに置いてもOKだが、古いバージョンのfoobar2000を使用している場合は''使用するには tak_deco_lib.dll を foobar2000.exe 本体のあるディレクトリに、foo_input_takはcompornentsフォルダに置く必要がある。''
:備考|
--[[Lossless Codec Comparison by Synthetic Soul:http://www.synthetic-soul.co.uk/comparison/lossless/]]
--[[dsfTAKSource (TAK DirectShow Filter):http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=74956&hl=]]

***TTA Audio Decoder[#a95ba205]
:ファイル名|
foo_input_tta
:URL|
//http://www.true-audio.com/Free_Downloads
--http://tausoft.org/
--http://sourceforge.net/projects/tta/
:対応フォーマット|
TTA / MKA (TTA Audio)
:概要|
可逆圧縮フォーマット [[TTA:http://www.true-audio.com/]] (The True Audio) の再生。かつての unofficial 版と同じ作者によるもの。

***WavPack Packet Decoder [#o25b5e46]
:ファイル名|
foo_packet_decoder_wavpack
:URL|
--http://dl.matroska.org/downloads/foobar2000/
--[[Matroska Plugin:http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1049.lzh]]
:対応フォーマット|
WV / MKA (WavPack Audio)
:備考|
Matroska コンテナの中の WavPack はこちらを使わないと再生できない。

***XM Radio Online player [#zd2ba2f7]
:ファイル名|
foo_xm
:URL|
http://www.maroonspoon.com/foo_xm/
:概要|
[[XM Satellite Radio:http://www.xmradio.com/]] の再生。

***mslive (mslive streaming support)[#yd4c2510]
:ファイル名|
foo_input_msl (旧 foo_input_mslive)
:URL|
--http://acropolis.lokalen.org/2006/10/foobar2000/my-foobar2000-components/
--http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1128.7z
:概要|
ストリーム配信の mms / rtsp サーバに対応。

***Flash Video Decoder [#i19dad9e]
:ファイル名|
foo_flv
:URL|
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=86913
:対応フォーマット|
FLV
:概要|
FLV (Flash Video) の再生。

***OMA/3GP Decoder [#k1e0a099]
:ファイル名|
foo_input_oma
:対応フォーマット|
ATRAC3 / ATRAC3plus / ATRAC Advanced Lossless / 3GP (AAC)
:URL|
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se492660.html
:概要|
ソニー ウォークマンのフォーマットである ATRAC の再生。フリーウェア「TraConv」に foobar2000 用コンポーネントが同梱されている。
動作には Sony Media Library Earth が必要(x-アプリなどの ATRAC 対応アプリケーションと一緒にインストールされる)。

***Command-Line Decoder Wrapper [#de0a47c3]
:ファイル名|
foo_input_exe
:URL|
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_exe
:概要|
外部デコーダを使用した再生。

***Spotify Decoder [#s0cf29a1]
:ファイル名|
foo_input_spotify.dll
:URL|
- http://cpancake.me/spotify-on-foobar2000.html
- [[Discussion:https://hydrogenaud.io/index.php/topic,113014/topicseen.html]]
- [[Download:https://github.com/stengerh/foo_input_spotify]]
-[[Old version: foo_input_spotify.zip (1.5MB):http://cpancake.me/archives/foo_input_spotify.zip]]
:概要|
--[[Spotify:https://www.spotify.com/jp/]]の楽曲、Playlistをfoobar2000で聴くためのコンポーネント。
--foo_input_spotify.dll, ibspotify.dllは同じフォルダに置く。
--Premium Account(有料会員)が必要。
--インストールフォルダ: C:\Users\username\AppData\Roaming\foobar2000\user-components\foo_input_spotify
--設定ファイルフォルダ: C:\Users\username\AppData\Local\foo_input_spotify
>
Spotify側: 楽曲、Playlist名上で右クリック > Spotify URIをコピー
例: spotify:track:5IRkM1WyCMDXPnabEeqz5i or spotify:user:communistpancake:playlist:2jYKvcXFolpUexOaOX3r7h
foobar2000 メニュー > File > Add Location... (Ctrl-U) に貼り付ける。最初にIDとPasswordを求められる。IDとPasswordを入力して再生。
<

***Super Audio CD Decoder [#q443e57d]
:ファイル名|
foo_input_sacd
:URL|
--http://sourceforge.net/projects/sacddecoder/files/foo_input_sacd/
--http://sourceforge.net/projects/sacddecoder/files/
--ASIOProxyInstall (foo_dsd_asio.dll) バージョン別
---http://sourceforge.net/projects/sacddecoder/files/foo_dsd_asio/
--[[Super Audio CD Decoder 日本語化ファイル/解説 - 日本語化工房:http://www.nihongoka.com/foobar2000-super-audio-cd-decoder/]]
--[[sacd 0.8.4+ASIOProxyInstall 0.8.3/0.8.4-2:http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1221.zip]]
:対応フォーマット|
Super Audio CD ISO images, DSDIFF, DSF, WSD, Direct DSD.
:概要|
Super Audio CD Decoder、[[DSD (Direct Stream Digital):http://ja.wikipedia.org/wiki/Direct_Stream_Digital]] の再生
:参考|
-あまりにもSuper Audio CD Decoder (foo_input_sacd.dll)が不安定な為、foobar2000 v1.4 betaで回避策を講じた模様です。
詳細は分かっていません。foobar2000 v1.3.17 + foo_input_sacd v1.0.11 で使えていた環境ならば、[[foo_input_sacd v1.0.6:https://sourceforge.net/projects/sacddecoder/files/foo_input_sacd/]]に戻す、あるいは、[[foo_input_sacd v0.8.4 + ASIOProxyInstall0.8.4:http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1221.zip]] に戻す事を試してみて下さい。あとはfoo_input_sacdの更新を待つかですが期待は難しそうです。
詳細は分かっていません。foobar2000 v1.3.17 + foo_input_sacd v1.0.11 で使えていた環境ならば、[[foo_input_sacd v1.0.6:https://sourceforge.net/projects/sacddecoder/files/foo_input_sacd/]]に戻す、あるいは、[[foo_input_sacd v0.8.4 + ASIOProxyInstall0.8.4:http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1221.zip]] に戻す事を試してみて下さい。あとは安定したfoo_input_sacdの更新を待つかです。
:設定|
-インストール (Portable installation)
--v0.9.1以降
---foo_input_sacd.dll インストール後、Preferences > Playback > Output > "DSD : ASIO : DAC ASIO Driver"を選択する。Preferences > Tools > SACD の Output Mode で DSD, DSD ASIO Device を選択する。
//--Version 0.9.0 からASIO devices (ASIO Proxy driver)が必要無くなった。DAC (ASIO driver) がDSDに対応している事が前提。readme.txt 参照。
--Version 0.9.7以降: Playback>Output>Device から"DSD: ASIO/WASAPI/DS driver name" を選択する事が出来る。Preferences->Tools->SACD "Output Mode">DSD を選択。
--foo_input_sacd 0.8.4 + ASIOProxyInstall 0.8.3までの設定 (環境によっては、こちらの方がDSDネイティブ再生やリアルタイムDSD変換再生が上手くいく場合がある。
---[[ASIO support:http://www.foobar2000.org/components/view/foo_out_asio]]
---foobar2000\components に foo_out_asio.dll, ASIOhost32.exe, ASIOhost64.exe を移動する。
---foobar2000\components に foo_input_sacd.dll を移動する。
---ASIOProxyInstall-x.x.x.exeをダブルクリックしてインストール。
---Output > ASIO > ASIO drivers から"foo_dsd_asio"を選択しダブルクリック。上部"ASIO Driver"にはDSD対応のASIO Driver(DSD対応 USB DAC Driverなど) を選択する。
//--DSDネイティブ再生
//-リアルタイムDSD変換
--再生したらDACの2.8 5.6などDSD再生ランプが点灯、点滅しているか確認して下さい。
--Output > Device は"ASIO: foo_dsd_asio"を選択。Tools > sacd > Output Mode を"DSD"にする。念のためDSP(Active DSPs)は空にしてDSD再生テストをする。
-参考サイト
--[[Windowsで foobar2000を使用して、DSDを再生する場合 - Pioneer:http://pioneer-audiovisual.com/support/av_pc/compo/foobar2000/]]
--[[DSD再生セットアップガイド - OPPO Digital:http://www.oppodigital.jp/support/dsd-setup-guide/]]
--[[DSDデモトラック - OPPO Digital:http://www.oppodigital.jp/support/dsd-by-davidelias/]]
--[[DSDネイティブ再生(foobar2000でASIO 2.1編):http://www.nihongoka.com/2013/03/03/dsd%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E5%86%8D%E7%94%9Ffoobar2000%E3%81%A7asio-2-1%E7%B7%A8/]]
--[[DSDネイティブ再生(foobar2000でDoP編):http://www.nihongoka.com/2014/04/01/dsd%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%96%e5%86%8d%e7%94%9ffoobar2000%e3%81%a7dop%e7%b7%a8/]]
--[[DSDをリニアPCMに変換して再生(foobar2000):http://www.nihongoka.com/2014/12/21/dsd%e3%82%92%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%82%a2pcm%e3%81%ab%e5%a4%89%e6%8f%9b%e3%81%97%e3%81%a6%e5%86%8d%e7%94%9ffoobar2000/]]
--[[DSDファイルの種類とタグ:http://www.nihongoka.com/2014/04/26/dsd%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%81%A8%E3%82%BF%E3%82%B0/]]

USB DACメーカー側でDSD再生ソフトを提供している場合もある。
Roland, Pioneer, FiiO, iBasso Audio, Oppo Digital, PURE SPEED, Resonessence Labs, RATOC Audio Lab, NuPrime, DENONなど、多くのメーカーがDSD再生ソフトとしてfoobar2000(Super Audio CD Decoder + ASIO Proxy)を推奨している。(2015.10現在)
メーカーサイトでfoobar2000(Super Audio CD Decoder + ASIO Proxy)の設定の仕方が記載されている場合があるので目を通して下さい。

現在音楽配信サイトでダウンロード出来るファイル形式は、主にDSF(.dsf)とDSDIFF(dff)との2種類でDSF(.dsf)が多い模様。
DSF(.dsf)形式はタグタイプがID3v2.3であり、foobar2000, Mp3tagなどでのタグ付けが可能。タグ編集ソフトでDSD(.dsf)タグの編集可能なソフトは、Mp3tag、Tag&Rename、dBpoweramp Tag Editorなど。Mp3tagは、DSF(.dsf)ファイルタイプに画像(.jpg)の埋め込みが可能。

Playerのタグエディターはfoobar2000、JRiver Media Centerなど。DSF(.dsf)タグ編集後のfoobar2000での読み込みと再生も問題ない(全てとは言えない)。
DSDIFF(dff)の方は、タグが独自形式であり、foobar2000でもタグは自由に編集出来ない。自由なタグの編集が不可なのでMedia Libraryでの管理はフォルダ、ファイルネームなどとなる。

まだDSDは厄介物でUSB DACなどに付属しているPlayer(例えば、Korg/AudioGateなど)での扱い(タグ付け、再生)の方が楽(管理は別)かも知れない。
DSD対応のUSB DAC、ポータブルDAC、ポータブルプレーヤーも目立ってきているが、いろいろな意味でDSDファイルが統一されないと普及するのは難しいかも知れない。

-[[関連・参考サイト>Output#z1061457]]
-他のソフト: [[TuneBrowser (Tiki ’s Remarks):http://tiki-s.cocolog-nifty.com/blog/tunebrowser.html]] foo_NowPlaying.gadget作者 [[DSDネイティブ再生にも対応したハイレゾ対応再生アプリ「TuneBrowser」がすごい件について>https://goo.gl/7xzHQ5]]

// --------------------------------------------------------------------------------------

**特殊フォーマット [#yd77854d]
ゲームミュージック、あるいは Chiptune と呼ばれるもの。各フォーマットについては [[VORC.ORG:http://www.vorc.org/]] が詳しい。

***Game Emu Player [#w1fca9b8]
:ファイル名|
foo_gep
:URL|
--http://kode54.foobar2000.org/
--http://www.foobar2000.org/components/view/foo_gep
:対応フォーマット|
GBS / GYM / NSF(NSFE) / SPC / VGM(VGZ) / HES / KSS / SAP / AY
:概要|
Blargg 氏によるゲーム音源総合ライブラリ [[Game_Music_Emu:http://www.slack.net/~ant/nes-emu/]] の移植。
ゲーム音源ファイル GBS (任天堂ゲームボーイ) / GYM (SEGAメガドライブ) / NSF (任天堂ファミリーコンピュータ) / SPC (任天堂スーパーファミコン) / VGM (SEGAマスターシステム・ゲームギア等) / HES (NEC PCエンジン) / KSS (MSX・SEGAマスターシステム・ゲームギア等) / SAP (ATARI XE/XL) / AY (ZX Spectrum等) の再生。
:備考|
KSS は OPLL(FM音源パック) 非対応なので日本人向けではない。

***NSF input [#h74e50b0]
:ファイル名|
foo_input_nsf
:URL|
http://www.vesta.dti.ne.jp/~tsato/index.html
:対応フォーマット|
NSF(NSFE)
:概要|
[[nsfplug:http://www.pokipoki.org/dsa/]]を移植

***NPNEZ input [#q51accc9]
:ファイル名|
foo_npnez
:URL|
http://ux.getuploader.com/foobar2000/
:対応フォーマット|
NSF / GBS / GBR / HES / PCE / AY / CPC / NSD / KSS / SGC
:概要|
nezplug++を移植
:インストール方法|
別途nezplug++同梱のnpnez.dllが必要。foo_npnez.dllと同じ場所に置く。詳細は付属のドキュメント参照。
:備考|
beta版とalpha版が同梱されている。alpha版はChannelMaskやMemoryViewerが使えるが、複数スレッドでConvertするとノイズがのる。また、beta版は再生時にnpnez.dllをロードするが、alpha版ではfoobar2000起動時にロードする。AYのタグの取得は未実装。

***HES input [#t3e2110a]
:ファイル名|
foo_input_hes
:URL|
http://ux.getuploader.com/foobar2000/
:概要|
PCエンジンの音源ファイルであるHESファイルを再生。

***SNESAPU SPC Decoder [#o90cf1b3]
:ファイル名|
foo_snesapu
:URL|
--[[foo_snesapu 2013-10-27 (v0.80):http://www.foobar2000.org/components/view/foo_snesapu]]
--[[foo_snesapu 130608版 for v1.1:http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1189.7z]]
--[[foo_snesapu 101002版 for foobar200 v1.1:http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1136.7z]]
:対応フォーマット|
SPC
:概要|
ゲーム音源ファイル SPC (任天堂スーパーファミコン) の再生。[[SNESAPU:http://www.alpha-ii.com/]] に Script700 互換機能などが追加された、[[SNES SPC700 Player:http://www.ssdlabo.jp/win/spcplay/]] に付属している Sunburst 氏の Snesapu.dll を使用できる。
:備考|
Snesapu.dll は foobar2000.exe と同じディレクトリに置く。要VC++ 2005 SP1ランタイム(ver 8.0.50727.762のもの)

***Highly Experimental (PSF Decoder) [#fc353a5b]
:ファイル名|
foo_psf
:URL|
--http://kode54.foobar2000.org/
--http://www.foobar2000.org/components/view/foo_psf
:対応フォーマット|
PSF(MINIPSF) / PSF2(MINIPSF2)
:概要|
ゲーム音源ファイル PSF (SONYプレイステーション) / PSF2 (SONYプレイステーション2)等の再生。

***UPSE PSF Decoder [#a32971c7]
:ファイル名|
foo_input_upse.dll
:URL|
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_upse
:概要|
New PlayStation Sound フォーマット (.PSF/.MINIPSF) デコーダ

***FMP/PMD Music Objects Decoder [#cc29139f]
:ファイル名|
foo_input_fmpmd
:URL|
http://ux.getuploader.com/foobar2000/
:対応フォーマット|
OVI / OPI / OZI / M / M2 / MS / MP / MZ
:概要|
NEC PC-98x1用FM音源ドライバFMP/PMDの入力コンポーネント。別途エンジンとして WinFMP.dll, PMDWin.dll, リズム音源サンプル(任意) が必要。
各dllはコンポーネントと同じ場所に置くか、設定ダイアログから場所を指定する。詳細は付属のドキュメント参照。

***S98 input [#re1ccf59]
:ファイル名|
foo_input_s98
:URL|
http://www.vesta.dti.ne.jp/~tsato/index.html
:対応フォーマット|
S98
:概要|
NEC PC-6001 / PC-8801 / PC-9801 シリーズのOPN / OPNA / OPM 等のサウンドログデータである S98V1 形式とその拡張バージョン S98V3 形式の再生。
:備考|
OPNA の完全な再生にはリズム音源WAVEファイルが必要。

***MDX / MDC input [#y1422c1c]
:ファイル名|
foo_input_mdx
:URL|
http://www.vesta.dti.ne.jp/~tsato/index.html
:対応フォーマット|
MDX / MDC
:概要|
SHARP X68000 の音源ファイルである MDX / MDC の再生。

***Ganbatte! [#n1369942]
:ファイル名|
foo_ganbatte
:URL|
http://www.oplx.com/code/
:対応フォーマット|
D00 / D01
:概要|
OPL 系 FM 音源の再生。
:備考|
デュアルコア環境で複数ファイルのConvertを実行すると音がおかしくなるので注意。

***sidplay2 [#n030f0c7]
:ファイル名|
foo_sid
:URL|
--http://kode54.foobar2000.org/
--http://www.foobar2000.org/components/view/foo_sid
:対応フォーマット|
SID
:概要|
Commodore 64 の音源ファイル SID の再生。

***Another Slight Atari Player[#xbd2fb3d]
:ファイル名|
foo_asap
:URL|
--http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=43766
--http://asma.atari.org/
:対応フォーマット|
SAP
:概要|
ゲーム音源ファイル SAP (Atari XL / XE)の再生。

***DUMB module decoder [#df3f295d]
:ファイル名|
foo_dumb, unmo3.dll
:URL|
--http://kode54.foobar2000.org/
--http://www.foobar2000.org/components/view/foo_dumb
:対応フォーマット|
MOD / S3M / XM / IT / 669 / PTM / PSM / MTM / UMX
:概要|
Amiga 用 Soundtracker で作成された楽曲ファイル、及びその後各機種に移植・拡張された Tracker 音楽モジュールファイル全般の再生。海外では、一般フォーマットに入れてもいいくらいの超メジャーなフォーマット。
本コンポーネントでは BAF 氏による [[DUMB:http://dumb.sourceforge.net/]] (Dynamic Universal Music Bibliotheque) が採用されている。

***BASS input [#w2008650]
:ファイル名|
foo_input_bass
:URL|
リンク切れ %% http://www.gotdotnet.com/workspaces/workspace.aspx?id=1bb59ddf-901b-43a5-bd54-b0999e8e223e %%
:対応フォーマット|
MOD / S3M / XM / IT / MTM / UMX / MO3
:備考|
--bass.dll は foobar2000.exe と同じディレクトリに置く。
--BASS 自体は本来、XM フォーマットの再生のために作られた [[XMPlay:http://www.xmplay.com/]] のためのライブラリだったが、その後プラグインによる拡張で様々なフォーマットに対応し、多くの BASS を使用したプレイヤーが作られ、その軽快な動作には定評がある。

***Hively Tracker decoder [#if624370]
:ファイル名|
foo_input_hvl
:URL|
--http://kode54.foobar2000.org/
--http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_hvl
:対応フォーマット|
HVL / AHX
:概要|
Amiga用トラッカ [[Hively Tracker:http://www.hivelytracker.com/]] 及び [[Abyss' Highest Experience:http://www.amigau.com/amigarealm/ahx/main.html]] で作成された楽曲の再生。

***M1 emulator (Foobar2000-M1 bridge) [#o1a4de7a]
:ファイル名|
foo_m1
:URL|
リンク切れ %% http://shexec32.serveftp.net/Products.aspx?id=foo_m1 %%
:対応フォーマット|
FM1 (独自フォーマット)
:概要|
アーケードゲーム / ピンボール音楽プレイヤー [[M1:http://www.emuhype.com/]] を利用したコンポーネント。
:備考|
FM1 は foobar2000 と M1 の書庫の扱いの違いを吸収するための XML ファイル。同梱の fm1utils.bat を起動して、順に ROMS パス、保存先を指定すれば生成される。

***kode's ADPCM decoders (ADPCM decoders) [#z96d65da]
:ファイル名|
foo_adpcm
:URL|
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_adpcm
:対応フォーマット|
ADX / BRR / RAC / XA / Interplay ACM / GCN DSP / GCM / HPS / OKI ADPCM
:概要|
ドリームキャスト(ADX)、サターン(XA)、スーパーファミコン(BRR)、ゲームキューブ(GCN, HPS)、プレイステーション(BRR, XA)やPC ゲームなどの ADPCM 全般の再生。
:備考|
V0.8のOKI-ADPCM decoderのソースを流用している模様なのでPCゲームのPCMを再生する際はOKI-ADPCM decoderアーカイブ内の展開ツールを使用する。

***Lunar 2 PCM decoder [#na92a0aa]
:ファイル名|
foo_lunar2
:URL|
http://kode54.foobar2000.org/
:概要|
MEGA CD 版 Lunar 2 のサウンドを再生。日本版でも問題なく再生され、トラックナンバーもほぼ変わらないが、タイトルなどは英語で表示される。

***Game Audio Decoder [#xaeaddb3]
:ファイル名|
foo_game
:URL|
リンク切れ %% http://shexec32.serveftp.net/products.aspx?id=foo_game %%
:対応フォーマット|
SC68 / AUD / WAD / SFX / IDX / RWD / ISS
:概要|
海外製の PC ゲーム (いわゆる洋ゲー) の音楽ファイルを再生。

***PTTUNE player [#fc5f903e]
:ファイル名|
foo_input_pttune
:URL|
http://twilightro.no-ip.org/~blackhole89/foo.php
:対応フォーマット|
pttune
:概要|
[[ピストンコラージュ:http://hp.vector.co.jp/authors/VA022293/pxtone.html]] で作成出来る音楽ファイルを再生。
:備考|
デュアルコア環境で複数ファイルのConvertを実行すると落ちるので注意。

***64th Note [#w0ec2022]
:ファイル名|
foo_input_usf
:URL|
http://joshw.info/?page_id=6
:対応フォーマット|
USF
:概要|
USF ファイルの再生。書庫にも対応。

***GSF decoder [#w4c205f3]
:ファイル名|
foo_input_viogsf
:URL|
http://foobar2000.xrea.jp/up/
:対応フォーマット|
GSF / MINIGSF
:概要|
GBA Sound Format の再生。同梱している viogsf.bin も components ディレクトリに入れること。

***2SF decoder [#y3bc3000]
:ファイル名|
foo_input_vio2sf
:URL|
http://foobar2000.xrea.jp/up/
:対応フォーマット|
2SF / MINI2SF
:概要|
Double Screen Sound Format の再生。同梱している vio2sf.bin も components ディレクトリに入れること。

***SNSF Decoder [#a64b4900]
:ファイル名|
foo_input_snsf9x
:URL|
http://foobar2000.xrea.jp/up/
:対応フォーマット|
SNSF / MINISNSF
:概要|
Super Nintendo Sound Format の再生。同梱している snsf9x.bin も components ディレクトリに入れること。
:備考|
ベースとなったのはSnes9xなので、SPC700のエミュレーションコアはBlargg氏のライブラリである。
SPCで正常に再生できない曲でもSNSFにすれば再生できる場合がある(テイルズオブファンタジアのOP曲など)。

***SSF decoder [#d4f32019]
:ファイル名|
foo_input_aossf
:URL|
http://foobar2000.xrea.jp/up/
:対応フォーマット|
SSF / MINISSF
:概要|
Sega Saturn Sound Format の再生。同梱している aossfdrv.bin も components ディレクトリに入れること。

***SSF/DSF Decoder (Highly Theoretical) [#n17c8fa1]
:ファイル名|
foo_input_ht
:URL|
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_ht
:対応フォーマット|
SSF / MINISSF / DSF / MINIDSF

***DVD-Audio Decoder and Watermark Detector [#mb11fbba]
:ファイル名|
foo_input_dvda
:URL|
--http://dvdadecoder.sourceforge.net/
--http://sourceforge.net/projects/dvdadecoder/files/
:概要|
DVD-Audio デコーダ。ウォーターマークの検出も行う。

***KDM Decoder [#a686f8f0]
:ファイル名|
foo_input_kdm
:URL|
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_kdm
:概要|
KDM (Ken Silverman's Digital Music format files) 形式のデコード。

***DTS-HD Decoder [#tbf3c3f0]
:ファイル名|
foo_input_dtshd
:URL|
http://sourceforge.net/projects/dvdadecoder/files/
:概要|
DTS-HDマスターオーディオ (次世代DVD規格 (ブルーレイディスク・HD DVD) でオプションとして採用された音声規格) デコーダ。

***TFMX decoder [#kb88743d]
:ファイル名|
foo_input_tfmx
:URL|
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_tfmx
:対応フォーマット|
MDAT / TFMX / MDAT / TFM / TFMX / TFX
:概要|
TFMX 形式のデコード。

***VGM input [#m8ab66e7]
:ファイル名|
foo_input_vgm
:URL|
http://ux.getuploader.com/foobar2000/
:対応フォーマット|
VGM
:概要|
Winampのプラグインin_vgmを移植。

***YM Decoder [#q1b115ec]
:ファイル名|
foo_input_ym
:URL|
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_ym
:対応フォーマット|
YM
:概要|
YM 形式のデコード

***WSR input [#l495c2b4]
:ファイル名|
foo_input_wsr
:URL|
http://ux.getuploader.com/foobar2000/
:対応フォーマット|
WSR
:概要|
BANDAI社 Wonder Swanの曲データを再生できる。

IP:131.147.97.2 TIME:"2017-12-31 (日) 13:25:56" REFERER:"http://foobar2000.xrea.jp/index.php?cmd=edit&amp;page=Input" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/62.0.3202.94 Safari/537.36 OPR/49.0.2725.64"