foobar2000とcueシート

音楽CDイメージの取り扱い方

cueシート + 音楽ファイル (外部cueシート)

一般的な形式。

Internal cuesheet (内部cueシート)

音楽ファイルにCUESHEETタグとしてcueシートを記録する。foobar2000独自の機能である。

Monkey's Audio Image Link file (APL)

音楽ファイルに対し Monkey's Audio Image Link file (APLファイル) というトラックの頭出しファイルを作成する。

Matroska

cueシートをMatroskaコンテナのチャプターとして記録する。

その他

作成方法

cueシート+音楽ファイルの作成方法

Internal cuesheetの作成方法

0.9以降の場合

0.8.3の場合

Monkey's Audio Image Link file (APL) の作成方法

Matroskaの作成方法

  1. mkvtoolnixをダウンロードしてインストールする。
  2. cueシート+音楽ファイルを用意する。mmg.exeを起動して、音楽ファイルを追加する。
    mmg01.png
  3. Attachments(添付ファイル)としてcueシートやジャケット画像などを保存してもよい。
    mmg02.png
  4. Chapter file にcueシートを指定する。また、"Output filename"の拡張子を.mkaから.mkvに変更する。最後に"Start muxing"して終了。
    mmg03.png

cueシート利用時の注意点

v0.9からcueシートの扱いが大幅に改善された。

タグv0.8v0.9
GENRE×
DATE×
DISCID×
COMMENT×
CATALOG×
PERFORMER
TITLE
REPLAYGAIN_ALBUM_GAIN
REPLAYGAIN_TRACK_GAIN
REPLAYGAIN_ALBUM_PEAK×
REPLAYGAIN_TRACK_PEAK×

cueシートのサンプルとタグ/フィールド

REM GENRE %genre%
REM DATE %date%
REM DISCID %discid%
REM COMMENT %comment%
CATALOG %catalog%
PERFORMER %album artist%
TITLE %album%
REM REPLAYGAIN_ALBUM_GAIN %__replaygain_album_gain%
REM REPLAYGAIN_ALBUM_PEAK %__replaygain_album_peak%
FILE %_filename_ext% WAVE
  TRACK 01 AUDIO
    PERFORMER %artist%
    TITLE %title%
    ISRC %isrc%
    REM GENRE %genre% // アルバムのGENREに優先
    REM DATE %date% // アルバムのDATEに優先
    REM COMMENT %comment% // アルバムのCOMMENTに優先
    REM REPLAYGAIN_TRACK_GAIN %__replaygain_track_gain%
    REM REPLAYGAIN_TRACK_PEAK %__replaygain_track_peak%
    INDEX 01 00:00:00

Tips

v0.8での注意点


*1 WindowsMediaPlayerやwinamp、KbMediaPlayerなど。DS-Monkey Sourceが必要
*2 WindowsMediaPlayerやwinamp、KbMediaPlayerなど 標準で単体再生できない形式のファイルをラップした場合CoreCodecなどにあるDSフィルターが必要
*3 http://haali.cs.msu.ru/mkv/ にあるsplitterを使う。foobar2000と直接関係ないが、TTAの場合CoreTTAのバグによりチャプターの頭出しが若干ズレる

Last-modified: 2017-12-29 (金) 14:53:02 (267d)