foobar2000v0.8/Output

installer同梱のcomponent

Standard output array

ファイル名
foo_output_std
概要
foobar2000の基本output (waveOut / DirectSound)

DirectSound v2.0

URL
http://www.foobar2000.org/components.html#foo_out_dsound_ex
概要
foo_output_std の DirectSound にシーク・一時停止・停止時のフェードを足したもの。音質面での差はない。

Kernel Streaming

URL
http://www.foobar2000.org/components.html#foo_out_ks
概要
カーネルストリーミング出力。Windows2000/XP/2003Server用。
FAQ
どの出力(DirectSound・waveOut・Kernel Streaming)を使うべきですか?
エラーメッセージ
  • ERROR (foo_out_ks) : KS output error: error opening device.
    • Output data format の設定が間違っている場合やデバイスが占有されている場合などに表示される。

DirectSound v2.5

ファイル名
foo_out_dsound_ex2
URL
http://pelit.koillismaa.fi/plugins/output.php#84
概要
DirectSound v2.0 に一時停止・スキップ・シーク・停止時のフェード長・カーブの調節を足したもの。

ASIO output

ファイル名
foo_output_asio(dll) / foo_output_asio(exe)
URL
http://otachan.com/
概要
ASIO出力用コンポーネント。
備考
ASIO 出力プラグインをいれても ASIO 出力が出来ない場合、おたちゃんのMIDI/Audioソフトさんから ASIO caps を落として自分の使っているASIOデバイスのアウトプット能力をしらべて、再生しようとしている音源ソースのサンプリングレートに対応しているか*1、Preferences -> Playback の Output data format: で出力ビット数が適切に設定されているかを確認して下さい。 また、ASIO 出力にしたからといって音質がよくなるわけではありません。kmixer以外のリサンプラを使用したい場合や、デジタル出力においてビットパーフェクトな出力を行いたいなど、ASIO ドライバの仕組みを理解した上で明確な利用目的がある場合に使用するようにしましょう。
参考リンク
エラーメッセージ
  • ERROR (foo_output_asio(dll)) : unsupported output data format.
    • 備考を参照。

*1 していない場合は、SSRC プラグインを利用してリサンプリングする

Last-modified: 2016-02-03 (水) 23:00:00 (805d)